防爆カメラ

安全を第一に

安全衛生を保持するためには、危険エリアの映像監視用に防爆カメラおよびそのアクセサリーが必要です。カメラはステンレススチールのハウジングを搭載しており、HDTV解像度の画質を提供します。

危険エリアとは、火災または爆発の原因となり得る量の引火性液体、蒸気、ガス、または可燃性粉塵が発生する可能性のあるエリアです。 このようなエリアは、石油精製所、ガスパイプライン、燃料補給所などに見られますが、病院の手術室、木工所、穀物を扱い保存する場所、および化学プラントにも見られます。

防爆カメラとは?

防爆カメラには、ネットワーク接続されたIPカメラを収納する頑丈な筺体が備わっています。 防爆カメラのハウジングにより、内部で火花や爆発が生じたり、周辺大気の水蒸気、ガス、粉塵、または繊維が発火するのを防ぎます。 電解研磨された316Lステンレス鋼のハウジングは、Eaton MEDC Ltd.によって製造および認定されており、カスタマイズされたAxisネットワークカメラが収納されています。 国によっては、下記の地図で示されているように異なる認定が適用されている場合があります。 認定の全リストについては、各カメラのデータシートをダウンロードしてご覧ください。

Image usability, intelligence and remote access

Axis explosion-protected cameras deliver a long list of Axis advantages. First and foremost, they provide excellent image quality regardless of lighting conditions and the size and physical characteristics of your monitored areas. And they do it while minimizing bandwidth and storage needs. Analytics transform our cameras into business tools that help you make smart decisions about operations and resource allocation. Plus you can access footage from Axis cameras from anywhere.

Open, scalable and future proof

You can also migrate from an analog system to Axis network cameras at your own pace. And because our explosion-protected cameras are based on open standards, you can integrate the cameras you need into your existing solution right now and add more Axis cameras as your requirements change. In addition, Axis cameras are future proof thanks to open standards and the markets most extensive program of software and hardware partners.

Tough enough

Axis explosion-protected cameras are customized network IP cameras inside heavy-duty housings. The housing is certified worldwide according to applicable standards.