1. 開口または絞り

Illustration of  people in focus and out of focus

レンズの開口絞りとも呼ばれ、センサーに届く光の量に大きく影響します。 F値とは、レンズの焦点距離を、開口部の直径で割った値です。

たとえば、開口25mmの焦点距離50mmのレンズは、50÷25 = 2のように、F値が2.0になります。 F値が高いほど、開口部は小さくなり、F値が低いほど、開口部は大きくなります。 F値が小さいほど、センサーに到達する光が多くなります。

写真:絞りは、被写界深度、つまり同時に焦点を合わせることができるシーンの距離範囲にも影響します。

可能な対策

  • 画質という点では、カメラの絞りの開きを調節する能力は重要な役割を果たします。 絞りがイメージセンサーに届く光量レベルを最適な状態に保つことにより、適正なコントラストと解像度で、正確に露光された鮮明でクリアな画像が得られます。 絞りは被写界深度も制御します。 絞り制御は固定または調整可能となっています。 調整可能な絞りレンズは、手動または自動 (自動絞りとPアイリス)です。
     
  • 光量がほぼ一定の屋内環境では、絞りが一定のF値に固定されたレンズを使用することができます。 ただし、露出時間やゲイン設定を調整して、光量レベルの変化に対する補正を行うこともできます。
     
  • 手動絞りレンズの場合、レンズに付いているリングを回して絞りを開閉することにより調整できます。 この方法は、屋外の監視など、光の条件が変化する環境には不向きです。

2. シャッター速度

Max Shutter Shutter Speed (pic 2.)

シーンで利用できる光の量に直接関係するもう1つのカメラ設定は、シャッター速度です。 これは、シャッターが開いている時間であり、光がセンサーに入り、センサーに当たって画像ができるまでの時間で、たとえば、1/50秒といわれるものです。

可能な対策

  • 光量が多ければ、シャッターを長く開く必要がないため、より速いシャッター速度が可能になります。 光が減少するにつれて、シャッター速度を遅くして、センサーが画像を取得するのに十分な光を取り込む時間を長くする必要があります。
     
  • シャッタースピードが非常に遅い場合、キャプチャ中に対象の位置が変化するため、シーン内を移動するものはすべて画像内でぼやけて表示されます。 これは動きによる画像のブレと呼ばれ、ビデオの画質と使いやすさの両方に悪影響を及ぼします。

3. ゲインおよびノイズ

カメラの多くは、ゲインと呼ばれる画像信号の内部ブーストを採用しています。シャッタースピードや被写界深度に影響を与えることなく、低光量の場所で画像キャプチャを可能にするために、弱いセンサー信号を電子的に増幅して、より明るい画像を得ることができます。

これには副作用があり、画像の微小な欠陥も増幅され、画像ノイズとして再現されます。

写真: ノイズは画質を低下させ、一般にビデオストリームに必要な帯域幅を増やします。

可能な対策

  • Axisカメラは、開口、シャッタースピード、ゲインを自動的に調整して、常に正しく露出される画像を生成します。 要件に応じて、低いノイズまたは低い動きによる画像のブレのいずれかを優先するように、優先順位設定を指定することもできます。
  • ブレとノイズのトレードオフの設定は、動きによる画像のブレとノイズの間の優先順位を調整するためのものです。 低帯域幅を優先し、移動するオブジェクトの詳細を犠牲にしてノイズを減少したい場合は、このパラメータを低ノイズに調整します。 ノイズと帯域幅を犠牲にして移動オブジェクトの詳細の保存を優先する場合は、パラメータを低い動きによる画像のブレに調整します。 詳細については、カメラのヘルプページをご覧ください。

4. ホワイトバランスを取る

カメラの多くは、色温度を自動的に決定してからホワイトバランスを設定しようとします。 シーン内の照明器具(蛍光灯やタングステン電球など)に応じて、ホワイトバランスを固定色温度に設定することもできます。

可能な対策

  • 画像が不自然に青い場合は、ホワイトバランスの設定を確認してください。

5. 主電源周波数によるちらつき

Exposure Mode Exposure Mode (pic 5.)

蛍光灯は、店舗、倉庫、オフィス環境で非常に一般的です。 この種の照明では、ランプは速いペースでオン/オフしますが、人間の目にはこれは安定した光の流れのように見えます。 ただし、特定のカメラシャッター速度では、このちらつきがビデオストリームに好ましくない影響を与えます。

可能な対策

  • カメラでちらつき防止オプションを有効にすると、ちらつきの影響を回避するようにシャッター速度を調整できます。
  • 地理的な条件によって、電源周波数は50Hzまたは60Hzのいずれかになります。ちらつき防止の設定から適切な結果を得るには、この値もカメラで設定する必要があります。
  • 必要に応じて、Event Managementにより、時間制御またはトリガーをかけて起動/停止が可能です。

6. 逆光補正

Forensic wdr (pic 6.-1)

バランスの取れた露出を得るために、カメラは光の状態に応じてシャッター速度と開口を調整します。 シーンによっては、反射、強い光、または窓から差し込む日光が原因で、他の領域よりもはるかに明るくなる部分があります。 これらの過度に明るい部分があると、カメラの露出設定が低くなり、画像の大部分が暗くなってしまうことがあります。

可能な対策

  • 逆光補正設定を有効にすることで、カメラは孤立した明るい領域を無視し、シーンの暗い部分に適したレベルの露出を維持します。 逆光補正がデフォルトでアクティブになっていると、露出オーバーや色がつぶれて表示される問題が起こる可能性があります。 解決策はそれを無効にすることです。
  • 場合によっては、シーンの一部が他の部分よりも重要なことがあります。 重要度の低い領域に合わせて露出を設定するべきではありません。 これを解決策するは、全体の画像を画像領域に分割し、露出アルゴリズムに異なる重みを割り当てることです。

7. ワイドダイナミックレンジモード (WDR)

Illustration of diffrent lights

シーンの最も暗い部分と最も明るい部分の違いを、ダイナミックレンジと呼びます。 ダイナミックレンジがカメラのセンサーの能力よりも広い場合、暗い部分は真っ黒に、明るい部分はすべて真っ白になります。

写真: 最初の2つの画像は、監視対象のシーンのダイナミックレンジによって、画像の一部が露出オーバーまたは露出アンダーになる様子を示しています。 右の画像では、WDRダイナミックキャプチャーを使用しているため、すべての領域が見えるバランスの取れた画像が得られます。

可能な対策

  • 一部のカメラには、ワイドダイナミックレンジモード(WDR)を搭載しており、さまざまな手法でシーンの極端な明るさを補正しようとします。 シーンに非常に暗い領域と非常に明るい領域がある場合は、この設定を試してください。 可能であれば、明るさが極端に変化しないように、カメラの位置と照準を合わせてください。

7.1 WDRイメージングで発生する可能性のあるアーティファクト

  • 動きによる画像のブレ
  • ゴースト
  • ちらつきによるアーティファクト
  • バンディングノイズ
  • カトゥーニングおよび強すぎるシャープネス
  • 色ずれ
  • レンズフレアおよびヘイズ
  • パープルフリンジ


WDRがオンの場合、光がカメラにどのように入るかによっては、一部の光条件でパープルフリンジの問題が発生する可能性があります。

可能な対策

  • WDR設定の下にスライダーがあり、ローカルコントラストを調整できます(添付のスクリーンショットを参照)。 WDRテクノロジーとその効果については、以下のホワイトペーパーとWeb記事も確認してください。
  • 残念ながら、これらのWDRアーティファクトを取り除くことはできません。 特定のシーンに合わせて露出とゲインを固定し、WDRをオフにしてお試し頂くことをお勧めします。 場合によっては、シーンが暗くなったり、露出が多くなったりします。 シーンによっては、「色」設定(明るさ、コントラストセクション)を下げることで、効果が得られることもあります。

8. IR反射

IR Reflections IR Reflections (pic 8.-1)

IR光を使って撮影できるカメラは、いわゆる「デイナイト機能」または「デイナイトカメラ」と呼ばれています。 月光などの自然な光、または白熱電球または専用の光源からの人工的なIR光のいずれかを使用できます。

IR照明を内蔵しているカメラはすべてデイナイトカメラですが、デイナイトカメラは必ずしも照明を内蔵しているわけではありません。

IRが組み込まれた固定ドームカメラでのIR反射は、通常、次の原因で発生します。

  • 近くの物体からのIR反射
  • 外部光源からの反射
  • ドームの外側にある水滴
  • 汚れやほこり

可能な対策

  • 近くの物体からの直接反射を避けてください。 IR光線は、壁や天井、窓、その他の反射率の高い物体の近くに向けないでください。 反射率の高いオブジェクトは、カバーまたはペイントして、反射を減らすことができます。
  • カメラを壁や天井に設置する場合は、近くの面からの反射を避けるために、設置に適した角度でレンズを傾ける必要があります。 レンズの周りのゴムリングは、光の干渉を防ぐため、取り外さないでください。 ゴムがドームに触れることが重要です。
  • カメラの方を向いている外部光(たとえば、別のカメラや白色光ランプ)は、ドーム内での反射につながる可能性があります。
  • 小さな水滴、ほこり、およびドームの上のクモの巣などの他の物体であっても、IR光を反射することによって画質を大幅に低下させます。 可能であれば、カメラは天候にさらされにくい場所に取り付ける必要があります。
IR settings IR Threshold (pic 8.-2)
  • カメラのドームは、汚れやほこりを取り除くために定期的に掃除する必要があります。 カメラに傷がつかないように、中性洗剤、水、柔らかいマイクロファイバークロスを使用することをお勧めします。 カメラのほこりは、圧縮空気で取り除くことができます。 水滴が問題になる場合は、オートバイのヘルメットのバイザーに使用されるような、撥水スプレーを定期的にドームの外側に塗布すると効果があります。
  • カメラのライブビューページでIRのLED強度を調整して、最適な光の強度に設定し、反射のリスクを減らすこともできます。

9. カメラの位置 – 日当たりの良い側

Sun Exposure Sun Exposure (pic 9.)

屋外環境にカメラを設置する際に考慮すべきことの1つは、太陽が空を移動する軌道との関係でカメラを設置するということです。

可能な対策

  • 建物の外観を監視する場合、カメラの位置は直射日光の影響を多少なりとも受けます。 太陽が空をどのように移動するかを把握することで、太陽の影響を最小限に抑えるカメラの位置を選択できます。

10. サポートケースを開く

上記の要因と対策が、画質の問題の特定と解決に結びつかない場合があります。サポートケースで、以下の必要な情報とデータを提供していただいた上でご相談ください。

注:どの様なケースでも、LTSトラックまたはActiveトラックからの最新ファームウェアを使ってデバイスをテストすることが重要です。実施を推奨しています。

10.1 必要なデータと情報

注:デバイスのサーバーレポートをかならず追加してください。 

  • いつ、この現象が見られましたか。 インストール後でしょうかまたはインストール後しばらくして起こりましたか。 何らかのパターンはありますか。
  • この問題が起きている同じモデルの他のカメラはありますか。
  • 画質のトラブルシューティングでは、録画と写真を確認しています。 ケースに添付してください。
  • このドキュメントで説明されている可能な対策から実行した手順の概要を提供してください

[すべての質問に回答し、ファイルを添付して、テクニカルサポートに連絡してください]

サポートのヒント: サーバーレポートのダウンロード方法

インストールガイドで指定されているようにインストールされている場合、Axisカメラは意図したとおりに動作します。 一般に、デバイスを操作またはテストするときは、デバイスのドームが地面を向いている必要があります。

このガイドで説明されている構成の変更がシステムに与える影響について、Axisは一切責任を負わないことにご注意ください。 変更で不具合が生じた場合、またはその他の予期しない結果が発生した場合は、設定をデフォルトに戻す必要が生じる場合があります。

このガイドでは、考えられるすべての問題をカバーしているわけではなく、サポートケースで最もよく見られる問題を取り扱っています。 このトラブルシューティングガイドで扱っているかどうかにかかわらず、Axisのお客様は、不明な点があればいつでも、Axis Supportにお問い合わせいただけます。