ワイドダイナミックレンジ - WDR

Forensic WDRは、最新かつ最も高度なWDRテクノロジーです。 最新世代の画像処理アルゴリズムを搭載したこのテクノロジーは、目に見えるノイズやアーティファクトを効果的に除去し、検証用途に最大限に調整された映像を提供します。

厳しい照明環境下でのフォレンジック用の詳細映像

シーン内で最も暗い部分と最も明るい部分の差が大きい状態ですか? これをワイドダイナミックレンジといい、画像の有用性や鮮明さの低下につながる場合があります。 幸い、不鮮明に見える他のカメラとは違い、AxisのカメラのWide Dynamic Range (WDR) テクノロジーは重要な検証用の詳細映像を鮮明に映し出します。

WDRテクノロジーを使用しない場合は、画像が露出不足や露出過度になり、被写体や人物を識別できなくなります。 当社のWDRテクノロジーがこれを解決するため、難しい照明を心配する必要なく、カメラを必要な場所に正確に配置できます。

Man seen through a camera lens, walking in a glass corridor

Axis Forensic WDR – 検証用途に最適化

Forensic WDRは、最も高度なAxisのWDRテクノロジーです。 可視ノイズとアーティファクトを効果的に低減し、フォレンジックの操作性を最大化するように調整されたビデオを提供します。 動きのあるシーンに加え、おそらく最も重要なこととして、超高解像度カメラでの使用に適しています。Axisは、他のWDRテクノロジーを備えた製品も提供しています。WDR - Forensic Capture、WDR - Dynamic Capture、WDR - Dynamic Contrast。それぞれが特定の状況に合わせて最適化されています。 ホワイトペーパーでWDRの詳細をご覧ください。 

Closeup of a camera lens

最適なWDRカメラの選択

では、目的に合う最適なWDRカメラはどうすれば選ぶことができるでしょうか。 カメラの画像処理性能をワイドダイナミックレンジで測る一つの基準として、dB値があります。 従来から、カメラのdB値が高いほど、画像がより鮮明になると言われています。

しかし現実には、これがすべてではありません。 Axisでは常にカメラのdB値を高くすることよりも、検証用途での有用性と画像品質を優先しています。 これは、画像の処理機能と言った他の要素も同様に重要になるためです。 つまり、 dB値が低いカメラでも、ビデオ監視向けにより優れた画像を撮影できるということです。

関連リソース

次のものにも興味があるかもしれません