1. インフラストラクチャー

ネットワークは、最も予測不可能な切断の原因となります。 スイッチ、ルーター、ケーブルプロキシ…送信者と受信者の間のネットワーク内のすべてが、何らかの形で接続に影響を及ぼします。 

1.1 ネットワーク管理

予測できない要因が、ネットワークに問題を引き起こす可能性があります。

可能な対策

  • カメラと表示デバイス間のリンクには、スループットが保証されている必要があります。

  • LAN(ローカルエリアネットワーク)で、これは、リンク内のホップをできるだけ少なくすることによって実行できます。 リンクは、Voice over IP(VoIP)や、デフォルトでビデオよりも優先される他のプロトコル、またはリンクを過負荷にする他の要求の高いサービスなどの他のトラフィックと共有しないでください。
  • リンクがWAN(ワイドエリアネットワーク)を介している場合は、ルーターやスイッチなどの各ホップでQoSを保証する必要があります。 これは、ローカルインターネットプロバイダーを通じてポイントツーポイントルートをリースすることによっても実現できます。
  • シールドケーブルの使用をお勧めします。 アプリケーションによっては、ケーブルは「信号干渉」とも呼ばれるEMI/RFI/ESI(電磁干渉、無線周波数干渉、静電干渉)の悪影響を受ける可能性があります。絶縁だけでは信号干渉からの保護は提供されないため、信号干渉の影響に対抗するには、適切なシールドが不可欠です。

1.2 帯域幅

ネットワークビデオ製品は、構成に基づいてネットワーク帯域幅を利用します。非常に低い圧縮率を使用して高品質のビデオを要求している場合、ビットレートは大幅に増加します。 帯域幅が制限されている場合、デバイスは、使用可能なネットワークインフラストラクチャの帯域幅に一致するようにストリームの品質を補正(ビットレートを下げる)する必要があります。場合によっては、パケットが失われる可能性があります。

可能な対策

  • 8〜10台のカメラを含む小規模な監視システムでは、帯域幅の制限を考慮することなく、基本的な100メガビット(Mbit)のネットワークスイッチを使用できます。
  • 10台以上のカメラを実装する場合、ネットワーク負荷はいくつかの目安を使用して見積もることができます。
    - 高フレームレートで高品質の画像を配信するように構成されたカメラは、使用可能なネットワーク帯域幅のうち約2〜3メガビット/秒を使用します。
    - 12〜15台以上のカメラがある場合は、ギガビットバックボーンを備えたスイッチの使用を検討してください。 ギガビット対応スイッチを使用する場合は、ビデオ管理ソフトウェアを実行するサーバーにギガビットネットワークアダプターをインストールする必要があります。

2. デバイスの過負荷

過負荷が原因でデバイスがクラッシュすると、ストリーミングが中断される場合があります。 以下は、デバイスの過負荷を引き起こす可能性のあるいくつかの要因です。

2.1 ファクター1 - チップセットのパフォーマンス

ビデオ製品(チップセット)がすべての状況で配信する、最大解像度とフルフレームレートの個別に構成された同時ストリームの数を正確に予測することは困難です。 全体的なパフォーマンスは次の要素によって異なります。

  • ビデオ製品のCPU負荷またはビデオ圧縮負荷(チップセットによって異なります)
  • 製品およびインフラストラクチャーからの合計データスループット(帯域幅)
  • クライアントのパフォーマンス
  • 画像の複雑さ
  • 照明の条件

 

可能な対策

  • ユーザーの視点から見ると、次の項目は、全体的なパフォーマンスに悪影響を与える可能性のある最も一般的なパラメーターです。
    - 画像の高い解像度
    - 低い画像圧縮レベル
    - Motion JPEGとH.264/H.265ストリームのミキシング
    - サーバーに同時にアクセスする多くのクライアント
    - 異なる画像設定(解像度、圧縮など)に同時にアクセスするクライアント
    - イベント設定の多用
    - 動体検知が有効
    - HTTPS
    - すべての画像をデコードしないパフォーマンスの低いクライアントPC
    - 限られた、または貧弱なネットワークインフラストラクチャー。 ネットワークが混雑すると、フレームがドロップされます。
     
  • 画像シーン、圧縮レベル、および圧縮方法が一定に保たれている場合、解像度を上げると、フルフレームレートストリームの数が減少するか、ストリームあたりのフレームレートが低下します。
  • チップセットについて学ぶと、制限を理解できます。 例としてARTPEC-7を取り上げます。 そのチップセットのテスト結果は、HDTV 1080pの30fpsでほぼ6つのH.265ストリーム、23 fpsの4Kで2つのH.265ストリーム、または20fpsの3712x2784で1つのH.265ストリームを同時に配信できることを示しています。 または、1つのH.265ストリームを4Kの時、30 fpsで配信し、1つのH.265ストリームを1080pの時30fpsで同時に配信することもできます。

2.2 ファクター2 - 複数の分散分析またはエッジ分析

使用されるACAPが多数ある場合、CPU処理は限界に達し、デバイスのパフォーマンスに大きな影響を与え、不要なクラッシュまたは中断を引き起こす可能性があります。 この問題は、ACAPを使いすぎた場合や、ミックスに高品質のストリームをいくつか追加した場合にも見られます。これにより、不要なクラッシュや中断が発生する可能性もあります。

可能な対策

  • 使用するACAPの数を制限します。
  • AXIS FシリーズやAXIS P3707-PE製品などのマルチセンサーまたはマルチチャネルカメラの場合、複数のチャネルで動体検知が必要な場合は、代わりに内蔵の動体検知(VMD1と呼ばれることもあります)を目的のチャネルに使用することをお勧めします。 VMD1はより少ないプロセッサパワーで動作します。

2.3 ファクター3 - 頻度の高いHTTPリクエスト

正しく設定されていないビデオ管理システムが、デバイスが処理し切れないノンストップの要求を送信し、そのためリソースはデバイスによって占有されてしまいます。

可能な対策

  • この場合、カメラをVMSから分離することが、トラブルシューティングの最初のステップになります。
  • カメラを分離した後は、カメラからのストリームを実行するテストが必要になります。このテストは、デバイスのwebインターフェースからライブビューを使用するというシンプルなものです。

3. WiresharkまたはVapixコマンドを使用したトラブルシューティング

サポートケースに添付するネットワークトレースを取得するためのアプリケーションとしては、Wiresharkがお勧めです。 PCにインストールしていない場合は、 Wiresharkから無料でダウンロードできます。 Wiresharkを使用すると、トラフィックの記録とレビューの両方でトラフィックをフィルタリングできます。 どちらも、状況に応じて使い分けることができます。

さらに、Axisデバイス(ファームウェアv. 5.x以降)との接続の問題をトラブルシューティングする場合、次のVapixコマンドをWebブラウザーから発行することもできます。

  • http://x.x.x.x/axis-cgi/debug/debug.tgz?cmd=pcapdump&duration=30
    - デバイス自体から取得したパケットキャプチャファイルを、指定された時間(秒単位)で生成します。 キャプチャは標準の*.pcap形式であるため、Wiresharkで確認できます。
  • http://x.x.x.x/axis-cgi/connection_list.cgi
    - 現在開いているTCPまたはUDPの、接続またはポートのリストを表示します。
  • http://x.x.x.x/axis-cgi/pingtest.cgi?ip=y.y.y.y
    - 指定されたIPアドレスで1回pingを実行してから、結果を報告してください。

4. サポートケースを開く

上記の要因と対策が、ネットワークの問題の特定と解決に結びつかない場合があります。サポートケースで、以下の必要な情報とデータを提供していただいた上でご相談ください。

注:どの様なケースでも、LTSトラックまたはActiveトラックからの最新ファームウェアを使ってデバイスをテストすることが重要です。実施を推奨しています

4.1 必要なデータと情報

注:デバイスのサーバーレポートをかならず追加してください。

サポートのヒント:サーバーレポートをダウンロードする方法

  • 問題の詳細な説明と、問題発生の時期、および頻度はいかがですか。
  • ネットワークの内部調査は行いましたか。 ネットワークデバイスはいかがですか。
  • ネットワークの説明と、可能であればネットワークトポロジの図をご送付ください。
  • ネットワーク上のすべてのデバイスに関する詳細情報を頂けますか。
  • ファイアウォールとウイルス対策スイートを導入していれば、更新状態を含めた使用状況を教えてください。
  • インストールされている他の動作中のカメラと比較するといかがでしょうか。
  • ネットワーク内の不具合のあるユニットと、他の実働ユニットからのWiresharkの結果はいかがですか。
  • 本機をネットワークから分離した場合でも、まだ同じ問題が見られますか。
  • ユニットへの電力供給方法はどうしてますか。
  • 使用中のサードパーティ(VMS、EMS、…)アプリケーションの名称は何でしょうか。
  • インストールしてから時間がたっていますか、それとも最近インストールしたものですか、また、インストールしてからネットワークへの変更はありましたか。

 

[すべての質問に回答し、ファイルを添付して、テクニカルサポートに連絡してください]

インストールガイドで指定されているようにインストールされている場合、Axisカメラは意図したとおりに動作します。 一般に、デバイスを操作またはテストするときは、デバイスのドームが地面を向いている必要があります。

このガイドで説明されている構成の変更がシステムに与える影響について、Axisは一切責任を負わないことにご注意ください。 変更で不具合が生じた場合、またはその他の予期しない結果が発生した場合は、設定をデフォルトに戻す必要が生じる場合があります。

このガイドでは、考えられるすべての問題をカバーしているわけではなく、サポートケースで最もよく見られる問題を取り扱っています。 このトラブルシューティングガイドで扱っているかどうかにかかわらず、Axisのお客様は、不明な点があればいつでも、Axis Supportにお問い合わせいただけます。