Zipstream

Axis Zipstreamテクノロジーにより、帯域幅とストレージの要件を平均50%以上も低減させながら、検証用に必要とされるすべての重要な詳細画像を確保します。

どんな問題がありますか? ストレージと帯域幅。

大部分の圧縮テクノロジーとは異なり、Zipstreamではビットレートのみ制限するのではありません。 3種類の高度なアルゴリズムを使用して、関連性の高い検証用情報を、最大解像度と最大フレームレートで識別、記録、送信します。

つまり、Axis独自のDynamic ROI、Dynamic GOP、およびDynamic FPSが同時に差動することで、顔やタトゥー、ナンバープレートなどの詳細をリアルタイムに保存できます。

その結果、 Zipstreamを使用すると、解像度とフレームレートを維持しながら容量を大幅に低減することができます。 このため、貴重な情報を損なわずに、容量を節約し、コストを削減することができます。

進歩し続けています。

2015年の登場以来、Axis Zipstreamテクノロジーは改良と調整を重ねてきました。 当初からZipstreamは、検証に適した関心領域を識別、保存できる点で他社との差別化を実現しています。 現在、重要なデータとそうでないデータとの差別化を図る機能がさらに向上し、効率化が進んでいます。 Zipstreamは、PTZ、超高解像度4K、360度パノラマカメラなど、数多くのAxisカメラにも対応しています。

Zipstreamのアップグレードごとに、お客様がインストールしているファームウェアのアップデートで利用可能になってきています。 これでお客様のAxisカメラは、帯域幅とストレージの要件を最小限に抑えながらも、常に最適なパフォーマンスを発揮します。

関連リソース

次のものにも興味があるかもしれません