AXIS Fence Guard

侵入検知向け

 

  • 屋内および屋外での仮想的なトリップワイヤー用途
  • 複数のプロファイルによる高い柔軟性
  • パースペクティブの設定による誤報の低減
  • ライブ映像と録画映像にボックスアラームをオーバーレイで表示
  • 迅速で容易な設定

侵入からの保護

AXIS Fence Guardを使用すると、カメラの視野内に仮想フェンスを設定して特定エリアを侵入から保護できます。 このアプリケーションは、人や車両など移動する物体がユーザーが定義した仮想的なラインを超えるのを検知すると、アラームを自動的にトリガーします。 終業後のオフィスビル、小売店、工業施設、車庫などを危機的でない用途で監視するのに最適です。

アプリケーションは、ファームウェアバージョン7.x以降を搭載した、屋内外対応のAxisネットワークビデオ製品で使用可能です。

さらに効果的に、 そして効率的に。

AXIS Fence Guardはカメラのイベント管理機能と統合されています。 これにより、システムが侵入者にどのように自動的に対応するかを設定できます。

ライブ映像や電子メールによるアラートをカメラからセキュリティスタッフへ送信するように設定すると、警備スタッフが潜在的な問題に注目して、予防措置を講じることができるようになります。 アラーム時のみに送信とビデオ録画を行うようカメラを設定すると、事象の確認と検索が簡単になり、帯域幅とストレージの要件を低減させることもできます。 さらに、ラウドスピーカーの作動や照明の点灯を行うようカメラでプログラムし、侵入者を退出させることもできます。

誤報を減らす

AXIS Fence Guardはインテリジェントアルゴリズムを使用し、コストのかかる誤報を削減します。 動きを分析し、周辺の通常の動きを無視します。 さらに、ヘッドライトなどの一時的な物体、動物のような小さな物体が原因となっている動きを無視する誤報アラームフィルターもサポートしています。

小さな物体フィルターはパースペクティブの設定を使用して詳細に調整可能です。 この機能を使用すると、カメラから異なる距離にある物体の画像サイズを、その物体の実際のサイズと関連付けるようにアプリケーションを設定できます。 AXIS Fence Guardはこのような方法により、近い範囲にいる無害な動物を無視しながら、遠く離れた場所に疑わしいトラックがいることについてセキュリティスタッフにアラートを出すことができます。

簡単な設定で、 さらなる柔軟性。

AXIS Fence Guardは設定が簡単です。 このアプリケーションではさまざまな構成を含む複数のプロファイルを作成可能です。 各プロファイルは1つのトリップワイヤーをサポートします。 また、各プロファイルは同時に使用したり、違う時刻に使用することもできます。 これにより、異なるトリガー設定に対して異なる応答を設定したり、1日の異なる時刻に異なるトリガー設定を適用できます。

ユーザーインターフェースではリアルタイムで映像による確認ができ、アラームイベントがトリガーされると検知ボックスが緑から赤に変わるなどの機能をサポートしています。 映像により確認できるため、物体が正しく検知されるようにできます。

アラームオーバーレイ

多くのAxisビデオ製品でAXIS Fence Guardはアラームオーバーレイをサポートしており、アラームをトリガーしている物体を簡単に判断するのに役立ちます。 オーバーレイは、アラームをトリガーしている物体を囲む赤色の検知ボックスとして、選択した1つのビデオ映像中で使用できるほか、その映像を使用しているライブビデオや録画ビデオに永続的に埋め込むことができます。

購入方法

ファームウェアバージョン7.x以降を実行しているAxis Qライン製品では、ライセンスは不要です。 お持ちのQラインカメラにこのアプリケーションをまだ追加いただいていない場合には、AXIS Fence Guardを追加コストなしでカメラにアップロードすることができます。

互換性のあるその他のAxisカメラについては、1ライセンスまたは10ライセンスパックの各コードをAxisディストリビューターから購入できます。 カメラ1台につき1つのライセンスが必要です。 ライセンスはカメラまたはオンラインでアクティブにできます。アプリケーションの60日間試用ライセンスを無料でダウンロードいただけます。

ドキュメント

 

このアプリケーションは、ファームウェアバージョン7.x以降を搭載したAxis Qライン製品でのみ無料で使用できます。

リリースノート

購入する

Axis製品は、グローバルパートナーネットワークを通してご購入いただけます。

パートナーを探す

互換性

ファームウェアバージョン7.x以降を搭載したAxisネットワークビデオ製品。こちらからリストをご覧ください