Monitors showing video footage from security cameras
都市開発

アクシスのビデオ監視は、コールハープルがより安全な都市となるのに役立っています

組織: コールハープル地方自治体
場所: コールハープル, インド
顧客ニーズ: トラフィック管理, 公共の安全, インシデント検知, リモート監視
コールハープル, インド, 

スマートで接続されたソリューションにより、犯罪のリアルタイム追跡、ガバナンスの向上、および市民行政が可能になります。

ミッション

コールハープルは、宮殿と庭園の都として知られている、歴史上有名なマラータ族の都市です。 ムンバイの近くに位置し、急速に主要な観光名所になりつつあります。 犯罪取締、交通管制と計画、統治の向上と効率的な災害防止のさまざまな懸念に対処する必要性は、コールハープル地方自治体によって早い時期に認められていました。 効率的で統合されたセキュリティ監視システムへの要望は、差し迫った課題でした。 これにより、コールハープル警察と市当局は、治安上脅威となる恐れを低減し、市内全体の安全性を高めることができます。

解決策

すべての出入口ポイント、交通ジャンクション、重要な観光スポットを24時間監視できるスマートなソリューションが提供されました。 計画は、コールハープルを安全な都市プロジェクトに変え、法律違反の場合、対応時間向上と、迅速な証拠へのアクセスを確保することでした。 コールハープル(面積66.82 ㎢)には、65ヶ所に165台のネットワークカメラを設置しました。 これらは、116台の固定カメラ、17台のPTZカメラ、32台のパノラマカメラを含みます。

効果

このソリューションは、コールハープルの安全とセキュリティを確保することに成功し、コールハープルをスマートで接続された都市にしました。 これは、法執行当局が犯罪をリアルタイムで追跡するために、交通をより適切に管理するのに役立ち、ガバナンス向上と市民行政を可能にしています。 Axisの監視ソリューションは、警察が、市内で、フェスティバルを監視し、VIPの警備を担当し、市民のためのセーフティネットを構築することに役立つことができました。 交通違反や盗難などのささいな事件は、いつでもビデオ映像を参照できるため、当局に深刻な問題を引き起こすことはありません。

実装

コールハープル地方自治体(KMC)プロジェクトは、インド警察(IPS rtd.)のアドバイザリーコンサルタントであるD. Sivanandhan氏(前ムンバイ警視総監、マハラシュトラ警察長官)の優れた指導、 そして、現職の特別警察であり、コールハープル市警察本部長であるPradeep Deshpande氏およびP. Siva Shankar氏のリーダーシップの下で実施されました。 市のエンジニアであるNetradeep Sarnobat氏の継続的な管理により、プロジェクトは成功裏に実施されましたが、最初の構想化は当時の特別警察、Manoj Kumar Sharma博士(現在はDCPゾーン-1ムンバイ警察)によって行われました。

Pole-camera on street corner in Kolhapur

スマートモニタリングと将来のビジョン

全体として、コールハープル地方自治体とコールハープル警察は、住民の安全を達成しただけでなく、コールハープル市の、市当局の状況と行政の改善にも成功しました。 システムの導入は、地元の団体が、行列の行進、VIPの活動、フェスティバルの際に法と秩序を監視しおよび全体的な運用効率を改善するのを支援し、ならびに手作業の低減を支援しました。 カメラは、コマンドアンドコントロールルームで12(42インチ)LEDモニターに表示されます。 LEDディスプレイに表示されるこれらのカメラフィードはすべて、サーバーストレージに保存されます。 さらに、すべてのカメラを制御するために、制御室に2つのクライアントワークステーションが用意されています。

ソリューションには次のものも含まれています。

  • 24/12/6コアのOFCリングトポロジを使用した効率的なバックボーン設計により、(85%〜90%)パスの冗長性が提供され、自然災害や事故によるケーブルの断線後も高い稼働時間が得られます。
  • 産業用グレードのスイッチが現場(最大75°C)で使用されているため、非常に過酷な条件での作業性が得られ、高温やほこりの多い環境に耐えることができます。
  • 監視用のネットワーク管理ソフトウェア。重要なルートのワイヤーロープは、KMCダックが使用されているジャンクションでの予想外の破損やメンテナンスに使用され、コストの大幅な節約につながります。
CCTVプロジェクトを実行し、質とスピードはどちらも優れていることがわかりました。 統合された監視システムは、警察の効率を高め、市民の安全とセキュリティを向上させるのに役立ちました。
K. P. Bakshi氏
インド行政サービス(IAS)、アディショナルチーフセクレタリー(ホーム)、マハラシュトラ マントララヤ、ムンバイ。

次の段階

次フェーズのプロジェクトの実施計画があり、それは以下のものを含みます。E-Challan / M-Challan(電子納付システム)、Dial 100(警察通報システム)、インテリジェント交通システム、洪水および地震センサ、顔認証、ナンバープレート認識、Police m-Beatシステム(警察巡回システム)、これらすべてはC-Cube(コマンド、コントロールおよびコミュニケーションセンター)によって統合されています。

犯罪の抑止

コールハープルスマートシティプロジェクトでは、24時間体制で都市を監視できる、強化された高解像度カメラを使用しています。 交通を手動で管理および制御することは、過去に地元の警官に深刻な課題をもたらしましたが、これは警報機で適切に修正されました。 作業標準がマラーティー語で準備されたため、オペレーターが迅速に適応してシステムと統合するのにも役立ちました。

製品とソリューション

Woman looking out over a city

スマートシティ

スケーラブルなカメラとIoTソリューションで、公共の安全、都市の移動性、環境モニタリングを実現し、街の住みやすさを向上させます。
詳細情報

PTZカメラ

広い範囲の撮影を可能にするパン、チルト、ズーム機能
詳細情報

固定ボックス型カメラ

あらゆる環境での抑止力
詳細情報

パノラマカメラ

1台のカメラのみで完全な状況認識
詳細情報