Exterior of Edeka’s branch in Lustfeld, Germany
小売店

万引犯への注力: EdekaスーパーマーケットがIPビデオカメラに賭ける

組織: Edeka
場所: ニーンブルク, Germany
顧客の要望: 損失の防止, 財産や資産の保護, サービスとビジネスの最適化
ニーンブルク, Germany, 

Axisカメラを使用すると、Edekaの盗難による在庫減少がほぼゼロになります。

ミッション

異常に高い在庫の不一致により、ルストフェルドにあるEdekaの支店の経営陣は、ニーンブルクの新しいスーパーマーケットでビデオ監視の実施を決定しました。 ルストフェルドにあるEdekaのゼネラルマネージャー、André Hanekamp氏は、高い盗難率を防ぐと同時に、IPビデオテクノロジーの利点を活用したいと考えていました。 スーパーマーケットは全面的に監視を必要としていたため、部門ごとでは、特別なカメラ技術要件が発生しました。 広範囲な監視に加えて、オープンなエントランスエリアで、逆方向認識などのインテリジェント機能も必要でした。

解決策

セキュリティスペシャリストのSichTelは、売り場での使用、チェックアウトエリアや倉庫の監視、さらには店外での監視にも、AxisのさまざまなタイプのIPカメラを採用するようEdekaに推奨しました。 ビデオ管理および分析ソフトウェアは、NETAVIS Software GmbHから提供されています。

効果

AxisカメラはEdekaストアの敷地全体を監視します。 一部のIPカメラは、2つの通路を同時に監視し、それらの通路の奥深くまで侵入できるため、アナログシステムと比較して必要なカメラの数は半分になります。 現在では、監視システムの高解像度画像のおかげで、警察は窃盗犯の4分の3を特定できるようになりました。 盗難による在庫減少は0.01%に低下し、スーパーマーケットは追加の盗難防止装置なしで運営できます。

Interior aisle at Edeka supermarket

盗難による在庫減少率が高いため、最新のセキュリティシステムが必要です

ゼネラルマネージャーのAndré Hanekamp氏は、ニーンブルク、ノイシュタットアムリューベンベルゲ(2店舗)、レーブルクの合計4つのエデカスーパーマーケットを管理しています。これらスーパーマーケットのサイズは1,100〜2,600平方メートルの範囲です。 ニーンブルクの店舗は、IPビデオ技術を最初に備えました。 2013年に新しい建物に移転する前は、この支店にはビデオ監視システムがまったくなく、探偵による日常的な努力にもかかわらず、最大1.5%の異常に高い在庫の不一致がありました。 それまで、他の3つの支店はアナログビデオソリューションを使用しており、0.04%から0.5%の損失率が認められていました。

窃盗犯はさまざまな方法で盗みます。 最も一般的な方法の1つは、パッケージから商品を取り出すか、値札をはがすことです。 外部の窃盗犯だけが在庫の不一致を引き起こすと考えるのは間違っています。 一般的に、小売業者は従業員による犯罪行為にも対処する必要があります。 例としては、「友情の購入」や「心のこもった」などがあります。この場合、レジ係はすべてのアイテムをスキャナーに通すわけではありません。 多くの従業員はまた、ボトルの返品レシートを発行して現金化します。その結果、ルストフェルド支店の責任者は、他の支店が使用していたアナログカメラの代わりに、インテリジェントなIPベースのビデオ監視システムを新しい店舗に選択しました。 決定的な要因は、はるかに優れた画質、優れた拡張機能、リモートアクセスなど、さまざまな利点でした。 性能比での高価格は問題になりませんでした。

Entrance at Edeka Store

2,600平方メートルのスーパーマーケット全てを全体的に監視することは、入口、積込ドック、通路などのさまざまな領域がカメラに異なった要求をするため、課題をもたらします。 スーパーマーケットのパン屋(日曜日に営業)も監視対象に含まれています。 非常にオープンなエントランスエリアには入出場ゲートがなく、とりわけ問題です、ここでは、顧客が未払いの商品に気付かれることなく、店を出ることができるからです。他のカメラは駐車場とその周辺をカバーしています。 これは、例えば落書きアーティストを阻止し、ゴミがたまるのも減らします。 清潔で整然とした環境は、盗難や強盗のリスクを大幅に低減します。

Multiscreen monitor covering shop floor

あらゆるニーズに対応するAxisカメラ、どこでも

完全な監視システムのために、長年のAxisパートナーであるSichTelはさまざまなタイプのAxisカメラを推奨しました。 屋根のある積込ドックの照明条件は、非常に暗い領域であり、時には強い対向光があるので、ビデオ監視にとって困難です。 ここで、SichTelはAXIS Q1614ネットワークカメラをインストールしました。これは、絶えず変化する照明条件下で非常に詳細なHDTV品質の画像を提供します。 カメラはライトファインダーテクノロジーと連携して、画像のどの部分も明るすぎたり暗すぎないようにします。 また、特にコントラストの高い画像や複雑な撮影シーンを手動で微調整することもできます。

スーパーマーケット自体の照明条件は非常に均一であるため、合計39台のAXIS M3005-V Network Cameraで内部全体を監視できます。 カメラは、破壊行為が発生した場合に従業員に警告を送信する衝撃検出で保護されています。 118°の水平方向の視野により、通路と廊下を最適に記録できます。

Edekaスーパーマーケットの外側のエリアは、堅牢なデザインと動体検知を備えた3台のAXIS P1354-E Network Cameraでカバーされています。 これらは従業員の出入口を監視し、スーパーマーケットから出る時の保護を提供します。 チェックアウトエリアでは、4台のAXIS M3204 Network Cameraを使用しています。 それらは特に目立たず、いたずら防止がされており、破壊行為から保護されています。

Axis IPカメラの使用と操作について従業員に徹底的に通知しました。 不安はありませんでした。 それどころか 最新のIPビデオ技術が使用されていない私たちの古い店舗では、盗難率が非常に高いことを全員が知っていたため、従業員は非常に前向きに反応しました。
André Hanekamp氏
ルストフェルドにあるEdekaのゼネラルマネージャー
Cosmetics shelves at Edeka store

適切なパートナーアプリケーションとともに使用すると、Axisカメラシステムは追加の分析機能を拡張できます。 これらには、二次的な配置の有効性を確認するため顧客の通過頻度と導線の記録が含まれます。 さらに、ソリューション全体を、アクセスコントロール、ロックシステム、商品保護などの既存のシステムに完全に統合できます。 上記のすべてのカメラは、画像診断のためのネットワークアクセスを提供します。 Edekaは、疑わしい特定のケースでのみ評価を実行し、現在のデータ保護の懸念が解決された場合、将来、外部エントリを使用したリモートアクセスを計画しています。

IPテクノロジーのおかげで盗難による在庫減少はほぼゼロ

Axisカメラは、2つの通路を同時に監視するため広角を使い、通路の奥深くまで見ることができるため、フルHD解像度のカメラは47台しか必要ありませんでした。 アナログカメラで同じ視野範囲を得るには、ほぼ2倍の数(90ユニット)が必要になります。さらに、Axisは、常にモニターで監視する必要がないため、従業員の動きを解放します。 警告が起動すると、カメラは画像またはビデオの周波数をテキストメッセージとして携帯電話に送信します。

Fruits and vegetables at Edeka supermarket

ほとんどの犯罪は、包装が引き裂かれるなど、事後に発見されます。 これは特にコーヒースタンドでおこります。 高解像度の画像のおかげで、警察は窃盗犯の4分の3を特定できるようになりました。 これにより、解決された盗難事件の約90%が常連客によるものであることが明らかになりました。 盗難による在庫減少は0.01%に低下し、スーパーマーケットは追加の盗難防止装置なしで運営できます。 高価なお酒でも自由に手に取れるようになり、店舗の探偵は週に一度だけ来るようになりました。 ゼネラルマネージャーのAndré Hanekamp氏と彼のチームにとって、最新のIPビデオテクノロジーを使用する戦略は完全に成功しています。

製品とソリューション

two happy women with shopping bags entering a store

小売業

損失防止、店舗の最適化、安全性とセキュリティに対応した統合ソリューションを活用することで、店舗の安全性と収益性が向上します。
詳細情報

固定ボックス型カメラ

あらゆる環境での犯罪防止
詳細情報

固定ドームカメラ

あらゆる環境での目立ちにくい監視向け
詳細情報

当社のパートナー組織

SichTel – Sicherheitstechnik & Telekommunikation GmbH

Webサイトにアクセスする

NETAVIS Software GmbH

Webサイトにアクセスする