工場敷地内の車両管理にAxisネットワークカメラが貢献

1日数百台の入出場車両のナンバープレート情報を映像から識別

「毎日数百台もの車両が行き交う中、出入りする車両の記録をリアルタイムで行えるようになり、大変効率的になった。画質にも満足している。記録した情報や映像は証拠にもなり、工場内の安全管理にも有用だ。」橋梁・鉄構メーカー 和歌山工場 部長

課題

ある橋梁・鉄構メーカーは、和歌山県下に広大な敷地を持つ工場を抱え、複数の製造案件を同時並行で対応し、橋梁や大型建築物の構造体を製造している。同工場には、毎日数百台にのぼる大型車両や従業員の車両が出入りをしており、安全管理上、各車両の所属企業・部門、ナンバープレート情報を確実に記録する必要があった。また、敷地に出入りするすべての車両に守衛所に立ち寄ることを求めており、守衛所の担当者が各車両の出入りを迅速に記録・把握 することが求められていた。

解決策

敷地に出入りする車両のナンバープレートをネットワークカメラで撮影し、その映像を解析することで、出入りする車両のナンバープレート情報を記録するとともに、登録済みの車両であるかどうかを瞬時に判別するシステムが導入された。これに併せて工場敷地内の主要通路をモニタリングし記録するためのシステムも導入された。工場敷地内は屋外が主体となるため、IP66準拠の防水・防塵性能を備えた「AXISP1365-E Mk II」が選ばれた。車両ゲートに設けられた「AXIS P1365-E Mk II」からの映像は、同社内に設置された「AXIS Sシリーズ」に録画されるとともに、ナンバープレート情報を識別するサーバーに転送される。識別されたナンバープレート情報は同社の車両データベースと照合される。照合の結果、登録済みの車両であることが判明した場合は守衛所内の表示灯が緑に点灯する。未登 録の車両の場合は、表示灯は赤で点灯する。

効果

従来は工場に出入りする車両のナンバープレート情報を手動で記録していたが、本ソリューション導入により自動的かつ迅速に行えるようになった。同社工場の部長は「毎日数百台の車両が行き交う中、出入りする車両の記録をリアルタイムで行えるようになり、大変効率的になった。画質にも満足している。記録した情報や映像は証拠にもなり、工場内の安全管理上も有用だ」と満足そうに語ってくれた。

関連リンク

AXIS P1365-E Mk IIネットワークカメラ
製造業

パートナー

http://www.tles.co.jp/