安全な野菜の出荷は安全な職場環境から 西日本有数の青果荷受・加工メーカーがAxisを採用

青果市場の安全維持に映像監視ソリューションを積極的に活用

「いままで何十分もじっと画面の映像を見る必要があったのが、新しいシステムでは数分でできるようになり、スピードアップを実感しています。体感的には10分の1くらいに縮まったと思います。また、カメラで見られているという意識を従事者が持つことで事故につながる行為が減少し、職場環境の安全性も向上しました。」倉敷青果荷受組合 情報管理室 システム課 主任 片岡 亮 氏

課題

倉敷青果荷受組合では、野菜や果物が運び込まれる荷受場や倉庫を持ち、フォークリフトが頻繁に行き交っている。隣接する積み出し口には大型トラックが何台も停まり、積み込みを待っている。同組合では施設内の接触事故を防止するために様々な対策に取り組んできた。また場内はオープンスペースであるために盗難・紛失の防止にも力を注いでいる。従来からアナログ方式の監視カメラが導入され施設内の監視に用いられているが、長年に渡る拡張によって個々のカメラの管理が複雑となり、カメラの不調が発生していた。加えて、出入口付近では逆光の強い環境が多く、検証に耐える満足な映像が得られないでいた。また、従来のシステムでは録画した映像を検索する性能が十分ではなく、目的の場面を見つけるためにスタッフが長時間の作業をしなければならかった。

解決策

カメラにはIP66準拠の性能が評価され、バレット型カメラの「AXIS M2025-LE」が選定された。事務所内と、カット野菜の加工場の出入り口と同クリーンルームには、見た目の圧迫感が少ない小型固定ドームカメラ「AXIS M3045-V」が設置された。各所のカメラからの映像は、コントロールセンター内の「AXIS Sシリーズ」に録画され、同センター内のモニターで一元的に管理されている。

効果

直観的なインターフェースを備えたAXIS Camera Stationは容易な操作環境を提供し、保安担当者による作業を大幅削減に成功した。同社で映像監視システムを統括する、情報管理室 システム課 主任の片岡 亮 氏は「いままでだと何十分もじっと画面の映像を見て探す必要があったのが、新しいシステムになってから、体感的には10分の1くらいの時間に縮まったと思います」と満足そうに語る。また、場内に分散したカメラの映像をコントロールセンターで一元的にモニタリング・管理できるようになったことで、同社の安全対策に録画映像が活用されるようになった。片岡氏はその効果について「カメラで見られているという意識を従事者が持ってくれ、そのことで事故に繋がる行為が減少し、職場環境の安全性も向上しました」と語ってくれた。

関連リンク

AXIS Camera Station
AXIS M3045-V Network Camera
製造業

パートナー

http://www.nttdatacs.co.jp