ワイド ダイナミック レンジ (WDR)

ワイド ダイナミック レンジは、シーンのあらゆる照明条件に対応する、アクシスネットワークカメラの一部に搭載されている機能です。極端な明暗差が同時に存在する場面や、明るい窓の前に人がいるような、逆光になっている場面を通常のカメラで捉えた画像では、暗いエリアにある被写体がほとんど認識できない場合があります。ワイドダイナミックレンジ(WDR)は様々な技術を駆使することによりこの問題を解決し、明るい場所と暗い場所両方にある被写体を映し出します。

フォレンジックWDR

AxisフォレンジックWDRテクノロジーは、難しい光量条件で細部を捕捉する能力を強化するため、監視オペレーターは暗いエリアと明るいエリアの両方の細部を法医学レベルで同時に見ることができます。フォレンジックWDRは、高解像度カメラと、動きが多い監視エリアのどちらでも、これを可能にします。

ワイドダイナミックレンジ (WDR) – ダイナミックコントラスト

AxisのWDR - ダイナミックコントラストにより、カメラは高度なトーンマッピングを実行して、一部の輝度レベルを下げ、コンピューター画面に表示できるフォーマットまでビット深度を減らします。
このトーンマッピングでは、最も暗い部分と最も明るい部分が考慮されるため、両方の部分の細部が鮮明になります。

WDR – ダイナミックキャプチャー

AxisのWDR - ダイナミックキャプチャーは、各画像について、露出時間の異なる複数の画像を取得することによって機能します。
これらの画像は1つに合成されますが、最も明るい部分と最も暗い部分は保持されるため、非常に明確でシャープな画像になります。

ワイドダイナミックレンジ非搭載 の典型的なカメラ

ワイドダイナミック レンジを使用したカメラ