総所有コスト

優れたビジネス決定のための優れた見識

コスト効率に優れた映像監視システムの構築は容易ではありません。 先行して検討する必要のある要素が多くあり、継続的なコストも関係します。

プロジェクトでは、製品の初期投資を見積もるのは比較的容易ですが、システム設計、労働、メンテナンス、アップグレード、システムの廃止のコストを予測するのはそれほど簡単ではありません。 総所有コスト (TCO) モデルを使用すると、映像監視システムに関連したライフサイクル全体のすべてのコストを捉えます。

TCOは多くの業界で既にビジネスツールとして活用されており、次の点でインテグレーターにも購入者にも役立ちます。

  • コストが時間的にどう分散されるかを把握
  • 異なるシステムコンポーネントのコストを把握
  • 予期しないコストのリスクを最小化
  • 利害関係者との話し合いでコストについての説明を支援
  • プロジェクトの入札を評価
映像監視およびセキュリティ業界では、TCOのモデルや実例を示す研究調査はほとんど発表されていません。

Axisでは、異なるシステムコンポーネントおよびステージに関連した40種類のコストを使用して、大規模な都市監視システムの包括的なTCO研究を編纂しました。

システムコストの49%は、ハードウェアおよびソフトウェアの投資に関係します。

 

1,500台のカメラを使用した大規模都市監視プロジェクトとしてデザインされたこのサンプルTCOには、プロジェクト管理、オペレーション、メンテナンス、廃止コストなどが含まれ、明瞭でシンプルなグラフによってビジュアル化されています。

 

包括的なTCOが、セキュリティプロジェクトでどのように優れたビジネス決定につながるのかご覧ください。 Axisのフルレポートを今すぐダウンロードできます。

Axisレポート

包括的なTCOが、セキュリティプロジェクトでどのように優れたビジネス決定につながるのかご覧ください。

TCOに注目した安全な都市

5年間でカメラの故障がありません。