AXIS Camera Station 4の有効化

このページには、AXIS Camera Station 3およびAXIS Camera Station 4のライセンス登録に関する情報が記載されています。最新のAXIS Camera Stationのバージョンに関する情報を参照してください。

AXIS Camera Stationプログラムを最初に起動すると、(デモバージョンには適用されない) フルバージョンを有効化するためにライセンスを登録するように要求されます。2018年7月1日以降、登録はaxis.comのオンラインフォームから行う必要があり、有効なMyAxisアカウントが必要です。オプションが表示されていても、AXIS Camera Station 3または4から登録することはできません。

注:[このサーバーはインターネットに接続されています] を選択してソフトウェアから直接ライセンスを登録しようとすると、操作は失敗します。代わりに、Webフォームから登録してください。下記の手順を参照してください。
 

重要!

AXIS Camera StationのCDカバーに記載されているライセンスキーは一時的なキーで、ソフトウェアをインストールおよび登録するときだけ使用できます。したがって、必ずターゲットのコンピューターにAXIS Camera Stationをインストールしてからソフトウェアを登録してください。

以前に登録していたAXIS Camera Stationの内容を再インストールする必要がある場合は、Axisの技術サポートに連絡してオリジナルのライセンスキー (ACSxxxx-xx-xxxx-xxxx-xxxxxx)、および会社名と、登録していた担当者の名前を伝えてください。

登録

2018年7月1日以降、ソフトウェアの有効化に必要なアクセスコードはAxis Webサイトから取得します。サーバーがインターネットに接続されているかどうかに関係なく、ソフトウェアに手動で入力する必要があります。

  • AXIS Camera Stationを起動し、ライセンスダイアログで [有効期間] を選択します。AXIS Camera StationでサーバーIDが生成されます。 サーバーIDをメモするか、コピーします。
  • ソフトウェアの有効化ページに移動して、有効なMyAxisアカウント (必須) でログインします。
  • 表示されたページで必要な情報をすべて入力します。ライセンスキーとソフトウェアから提供されたサーバーIDを入力する必要があります。
  • アクセスコードが表示されます。アクセスコードをメモします。
  • AXIS Camera Stationを起動し、[登録完了] を選択します。ライセンスキー、サーバーID、およびアクセスコードを入力します。これでフルバージョンが有効になりました。