ネットワークドアステーション

映像監視に欠かせないパーツ

Axis Network Door Stations combine video surveillance, two-way communication and remote entry control in a single device. They’re ideal for installation at entrances where many known and unknown visitors pass through on a regular basis. Door stations can also be used as intercom help points or emergency phones within a larger area like a city, park, or university campus. With countless possibilities for integration, they’re powerful enablers of better overall security.

「多対一」対応システム

Axisのネットワークドアステーションは、多くのカメラと数台のドアステーションを設置し、運用は一か所のみまたは数か所で行うというような「多対一」システムで使用されます。 代表的な例が、映像監視やアクセスコントロール、アラーム、通信を管理する高度なシステムを運用する空港です。

  • 多くのインターカム (およびカメラ) に対し、1台または数台の受信機
  • 小売店、物流センター、空港、大学のキャンパス、アラーム中央拠点

インターカム、監視カメラ、ドアコントロールを1台で制御

インターカム、監視カメラ、ドアコントロールを1台で制御

Axisのネットワークドアステーションは、通信、映像監視、遠隔入館管理を1つのデバイスに統合します。 このデバイスは監視機器を適切に補完して、施設の安全確保に貢献し、24時間365日の識別を可能にします。 Axisのネットワークドアステーションを使用すれば、訪問者を識別し、どこにいてもドアを開けることができます。

セキュリティの向上

セキュリティの向上

Axisネットワークドアステーションを使用すれば、弱い光や強い逆光であっても確実に識別し、厳しい条件下でもWDRや全二重音声、アコースティックエコー キャンセレーション、ノイズ抑制により、クリアな双方向通信を実現できます。 また、モバイルアプリやIP電話、映像管理システム (VMS) を使用すれば、直接または遠隔操作によりドアを開けることができます。 危険なイベントを録画し、緊急事態の場合は、音声および映像を分析することにより、救援要請のアラートを発します。

IPインターカムで市場を牽引している2Nは、Axisグループの一員です。 Axisは米国およびカナダで2Nの製品を販売およびサポートします。