Top ten installation challenges

設置における10の課題

過渡電圧

ほとんどの人は、過渡電圧の原因として雷を思い浮かべますが、実際はこういった問題を引き起こす最多の原因は、現場の送電網です。

アクシスの屋外対応ネットワークカメラは、電力サージや過渡電圧から保護するよう設計されています。この設計の一部として、シールド付きツイストペア (STP) ケーブルをPSE (給電側機器)* とカメラの間に使用し、電力サージの発生ルートが接地されるようになっています。

STPネットワークケーブルと正しく設置されたPSEを使用したアクシスのカメラは、電力サージ保護など業界の電磁耐性基準に適合することが検証されています。その他の設置手段は保証の対象外となり、機器がリスクにさらされることになります。

カメラとPSE間の配線には必ずSTPネットワークケーブルを使用し、PSEを正しく接地してください。

詳しくは次の資料をご覧ください。 アクシスカメラの屋外設置に関するベストプラクティス

* PSEとは、ミッドスパン、エンドスパン、ネットワークスイッチ、電源挿入器など、ケーブルのもう一方の端に接続される機器を指します。

Power over Ethernet (PoE)