Camera elements

画像処理

画質を向上させる機能としてネットワークカメラがサポートしているのは、逆光補正、露出範囲、ワイドダイナミックレンジの3つです。

逆光補正

カメラの露出の設定で自動を選択した場合でも、人間の目と同じように画像の明るさを補正することは簡単ではありません。強い逆光では手前の対象物は暗くなってしまいます。ネットワークカメラの逆光補正は、画像内の非常に明るい部分をあたかも存在しないかのように無視することで、手前の目標物を見えるようにします。ただし、明るい部分は露出オーバーになります。このようなケースでは、カメラのダイナミックレンジを増やすことで対処することもできます。

露出範囲

画像の一部分が非常に明るくなっているケースに加え、ネットワークカメラの露出範囲(Exposure area)オプションで画像のどの部分を基準にして露出計算をするか決定することができます。例えば、画像の手前側(通常、画像の下部分)には、奥側(通常、画像の上部分)より重要な情報が含まれていることが多くあります。画像の重要でない部分によって、画像全体の露出に影響が出ないように注意する必要があります。Axisネットワークカメラでは、露出範囲(Exposure area)オプションを使用して露出計算を正しく行う部分(画像の中央、左、右、上、下)を選択することができるものがあります。

ワイドダイナミックレンジ

Axisネットワークカメラには、ワイドダイナミックレンジを搭載している機種があります。画像内に非常に明るい部分と暗い部分が混在するときや、人が窓に背を向けて立っていて逆光になっている場合、一般的なカメラでは暗い部分に映っている物を認識することはほぼ不可能です。ワイドダイナミックレンジは、画像に含まれる様々な目標物にそれぞれ適した露出を使用することで、明るい部分でも暗い部分でも映っている物を認識できるようにします。

ワイドダイナミックレンジなしの画像(左)、ワイドダイナミックレンジありの画像(右)。

Noise reduction

Any image or video will contain a certain amount of noise, i.e. pixel values that are not correct representations of the scene and that negatively impact the viewing experience, aesthetically or practically. The noise is picked up from a variety of sources including the image sensor and the other electronic components of the camera, but also from the light itself.

Different factors work in favor or against reduced noise levels. For example, high resolution cameras typically have smaller pixels in their image sensors than standard resolution cameras. Smaller pixels are more sensitive to noise, in turn making megapixel and HDTV cameras more sensitive.

To reduce noise is thus a key task in a video surveillance camera. Modern network cameras that offer high processing capacity in their chips are well equipped to analyze and reduce noise levels, even in high resolution and full frame rate conditions. One technique for minimizing noise is built on spatial processing, where a single image frame is analyzed to find pixels that are very different in color or intensity from their surrounding pixels. Another technique is temporal processing, where consecutive image frames are compared to find artifacts in the images that are not static over time and can be regarded as potential noise.

ネットワークカメラの設置