Panoramic cameras

Panoramic cameras

まとめ

パノラマカメラおよびマルチセンサーカメラに対する一般的な認識が高まるにつれて、そのメリットを見いだすユーザーが増えています。 設置や操作の点では、パノラマカメラ/マルチセンサーカメラは一般的に費用対効果が高くなります。 わずか数ユニットで広い領域をカバーすることができ、設置コストを下げることができます (配線、労力、カメラ台数の削減)。 また、これらのカメラのほとんどは、4分割ビューを提供したり、複数のイメージセンサーを備えたりしていても、単一のライセンスしか必要としないため、ソフトウェアライセンスの費用を削減できます。

シングルセンサーのパノラマカメラは、コンパクトで優れた価値があり、広いエリアを全体表示するのに最適です。 しかし、広角レンズは遠くのものほどピクセル密度が減少するため、識別目的には不向きです。 

図11、魚眼ビュー – 4分割ビュー (小規模小売店舗) 

マルチセンサー/多方向カメラは、高いピクセル密度と優れた全体表示の組み合わせが必要な用途でも使用されます。

図12、マルチセンサーパノラマカメラ (市街地監視)

図13、多方向4分割ビュー (交差点)

コンビネーションカメラは、同じ製品で両方のメリットを得ることができます - 全体表示とズームインしたときの詳細画像。 

図14、360°の4分割ビュー + PTZズームインビュー