Milan city landscape in sunset
都市開発

Safety21社とAxis: より安全な都市ミラノのためのパートナー。

組織: ミラノ市街
場所: ミラノ, Italy
顧客のニーズ: 公共の安全
ミラノ, Italy, 

IPカメラとエッジ分析機能を統合したスマートなソリューションで大都市を360°、アクティブに監視

課題

道路の安全性を高めることは、ミラノ市街の政策の主要な目的の1つです。 周知のように、事故は非業の死の主な原因の1つであり、主要な犠牲者である歩行者は、保護すべき最初の「弱い立場の人」であると考えられます。 この枠組みでは、適切な規制を承認し、効果的な交通違反検知システムを導入することが、交通安全リスク防止のポリシーを実践するための前提条件です。

そのため、ミラノ市街では、事故を減らし、「弱い立場にある人々」を守るために、交通安全の統合プロジェクトを推進し、交通事故による死亡者数と罰金額を徐々にゼロにすることを中期的な目標としています。

解決策

公共機関や警察向けの技術サービスの分野で市場をリードするSafety21社は、ミラノ市が交通安全のための統合プロジェクトを実施するために、エッジ分析機能付きIPカメラと360°カメラを備えたAxisテクノロジーを使用した複合的かつ統合的な保護ソリューションを提案しました。 これを可能にしたのは、交通安全基準を向上させるための先進的なプラットフォームと革新的なアウトソーシングシステムの数々です。 このプロジェクトに関連する投資とビジネスリスクは、個人が負担します。 一方で、プロジェクトの管理および準備活動から派生するキャッシュフローが財務リターンを確保します。

Pole camera from below

効果

AxisとSafety21社の協力の結果、ミラノ市は、ビデオベースの管理ソリューションを用いて、交通安全と規則遵守の向上を図る機会を得ました。 パートナーのおかげで、市街地の町を結ぶ幹線道路を監視することができるようになり、リアルタイムで情報を収集し、意思決定プロセスを簡素化することができました。

Axisのソリューションは、環境犯罪の検知や、横断歩道付近での規則違反や事故などの決められたイベントの検知など、幅広い状況でデータや情報を収集するだけでなく、Titan®エコシステムと連動してオペレーターの生活をより快適にします。
ジャンニ・ロンゴ氏
Safety21グループのCEO。

ITシステムは、Safety21が独自に開発したプラットフォームであるTitan®エコシステムをベースとしており、データの収集に加えて、地域警察担当者のダッシュボードにアラート通知を確実に送信します。 これにより、犯罪や検知システム異常が発生した場合、オペレーターは即座に通知を受けることができ、また、事故が発生した場合には、ビデオを確認して適切な対策を講じることができます。 Titan®は、Agid (Agenzia per l'Italia Digitale, Agency for Digital Italy) に認定されたソリューションであり、違反行為を検知するためのIoTの管理から、すべての行政手続きを経て、未回収の債権を通常および強制的に回収するまで、イタリア国内および海外における罰金関連の全プロセスを完全にコントロールすることができます。 

私たちは、未来のスマートシティの創造に貢献するこのような事業に参加できることを常に誇りに思っています。特に、パートナーのすべてのシステムに統合できる性能の高いソリューションを提供しています。
アンドレア・ソリ
Axis Communications、事業開発スマートシティ担当ディレクター。

Axisがミラノ市のニーズに応えた理由

「私たちが提案したIPカメラによるビデオ監視ソリューションは、主にお客様の安全に対するニーズと、環境犯罪をゼロにするという必要性を満たすように考えられ、設計されています。 Axis Communications 事業開発担当ディレクターのアンドレア・ソリは、「このプロジェクトは、さまざまな用途や都市の特定の問題に対応するオープンで柔軟なシステムで構成されているため、将来的にも容易に開発でき、公共の安全や市民および交通安全教育に関連する新たな必要性が生じた場合には、機能を追加することもできます」と述べています。

ミラノという大都市に統合交通安全システムを構築するためには、統合ビデオ監視システムを導入する必要がありました。特に、路側帯、横断歩道、交通信号違反の検出、制限速度の監視などが必要でした。

Infographic of pedestrian safety solution

このケースでは、路上駐車場を確保するために、車両や人、疑わしい行動を検知できるインテリジェントな画像解析機能を備えたビデオ監視システムが採用されました。 また、歩行者の安全を確保するために、交差点には360°カメラとフォトセルで構成されるビデオ監視システムが設置されました。 さらに、非侵襲的レーザーセンサーを備えたカメラを通して速度違反のケースを即座に記録するための検出器が設置されました。 カメラやレーザーセンサーを使って、制限速度が守られるようにコントロールしています。 最後に、交通の監視と検知は、統合システムを介して実行されます。「このスマートなソリューションにより、罰金や事故が大幅に減少しました」とSafety21 GroupのCEO、ジャンニ・ロンゴ氏は述べています。

この混合され完全に統合されたAxisブランドの保護ソリューションの導入は、保護システムの効率を向上させ、いくつかの利点をもたらしました。 パートナーのSafety21社のプロフェッショナリズムとAxisとの共同作業により、お客様の固有のニーズを完全に満たすプロジェクト、つまり 「ミラノ市の安全性と管理をより向上させる、わかりやすく統合されたスマートビデオ監視ソリューション」を設計することができました。

製品とソリューション

Woman looking out over a city

スマート シティ

スケーラブルなカメラとIoTソリューションで、公共の安全、都市の移動性、環境の監視を実現し、街の住みやすさを向上させます。
詳細を見る

ネットワークカメラ

ネットワークビデオ市場のリーダー: 革新、品質、機会
詳細を見る