Entrance to Super Bowl Arena by night
スタジアムおよびイベント会場

Axisで頂上決戦に備える

組織: ヒューストン市 (スーパーボウルライブ)
場所: ヒューストン、テキサス州, United States
顧客の要望: 公共の安全, インシデント検知
ヒューストン、テキサス州, United States, 

Axisがヒューストン市と提携しスーパーボウルライブとダウンタウンでのアトラクションの安全性を確保

ミッション

スーパーボウルライブでは、100万人以上の人々がダウンタウンを移動することが予想されていました。ヒューストン市はこの地域の警察当局からの要望に対応するにあたり、既存のカメラシステムをアップグレードする必要がありました。 大量の移動式構造物や仮設構造物がカメラ環境に混沌をもたらす一方で、ダウンタウン全体のワイヤレス干渉が市の2大司令所であるリアルタイム犯罪センターと緊急オペレーションセンターにカメラデータをストリーミングバックする際の問題となっていました。

ソリューション

ヒューストン市は、PTZ、サーマル、柔軟性の高いオプションを含むAxisのネットワークカメラを利用して、すべての拠点をカバーしました。 Verizon Wirelessが提供するファイバーとSikluが提供するワイヤレスを組み合わせてストリーミングすることで、市は一定のペースでデータを収集し、事件発生に備えて警戒を続けることができました。

結果

さまざまな政府機関や地方機関が、カメラシステム全体をそれぞれのニーズに合わせて使用しました。 システムを利用した機関には警察、消防、危機管理局、輸送機関などが含まれていました。 ヒューストン市がイベントを成功裏に終えるために、Axisのカメラとパートナー企業のネットワークは、このイベントを取り巻く地上作戦の支援とサポートを提供しただけでなく、一般的な安全性の要望に応えるにあたり、市がこのテクノロジーの利用を継続的に進めるためのプラットフォーム構築に必要となる分析ツールを追加しました。

プレイブックを紐解く

2016-17年のフットボールシーズンを締めくくるスーパーボウルをヒューストン市が主催することが決定したとき、すぐに市当局は予想される膨大な人数の訪問者とファンを受け入れるための準備に取り掛かりました。 セキュリティ上の観点から言えば、ヒューストン市の公共安全・国土安全保障局が直面している最大の課題は、まもなく街にやってくるイベントまでの期間とイベント開催中に絶えず変化する環境の変動性と複雑さでした。

Houston superbowl arena, aerial view.

ヒューストン市公共安全・国土安全保障局の法執行連絡官であるJack Hanagriff氏は次のように述べています。「いくら綿密に計画を立てても、想定外のことは起こります。 ある場所にカメラを取り付けたいと思っていても、会場の構造物が動かされ、公園の反対側に移動した構造物でカメラがブロックされることもあります。 何か月もかけて計画して設計したレイアウトも、イベントの開催直前までにいくつも変更が加えられました」

アメフト体験、コンサート、地元グルメの出店、その他のアトラクションも盛りだくさんの10日間のファンフェスティバルであるスーパーボウルライブのため、街のセキュリティ上のニーズは大幅に高まりました。 イベントは、ヒューストンのダウンタウン中心部にある広大な緑地のディスカバリーグリーンとその周辺で開催される予定でした。 イベントに向けて750,000平方フィートの敷地が柵で囲まれるかたちで確保されました。 チケット不要の無料で参加できましたが、参加者はイベントにアクセスするために保安ゲートを通過する必要がありました。

ラインナップを整える

ヒューストン市は、ダウンタウンのファンとスタッフを保護するために2つのアプローチを採用しました。 市は、地上カメラと見下ろしカメラを両方使用する計画を立て、施設と敷地をあらゆる角度からカバーするつもりでした。

Hanagriff氏は次のように付け加えます。「既存のネットワークを強化してサポートする必要がありました。 状況認識がとても重要です。 これらのカメラビューは、初動対応要員の能力を高め、その時々の状況で必要なリソースを見極めるのに役立ちます」

数え切れないほどの入り口に対応するためにAXIS F44 Main Unitが配備され、AXIS F4005-E Sensor Unitをそれぞれの金属探知機で利用できるようになりました。

さらに、AXIS Q6155-E PTZ Network Cameraで周辺エリアのさまざまなポイントを視野に収めます。 各ゲートに設置されたこの5台のカメラが、死角になりがちなポイントを見張るための視野と、事件発生時に確認可能な一連の映像を当局に提供しました。

Axis Q6155-E on partly red wall viewed from its left angle.

カメラは、ヒューストンのさまざまな機関やチームにとって強力なリソースになりました。 GRBコンベンションセンターにある司令所と現場から離れた緊急オペレーションセンターでは、警察、消防、緊急管理局がカメラの映像を利用していました。 テキサス運輸省と公安局もカメラビューを利用しました。

「これらのカメラはヒューストンスーパーボウルホスト委員会、警察、消防署など、あらゆる関係者を支援し、オペレーション、防犯、緊急対応をすべて1つのシステムで支えました」(Hanagriff氏)

鳥の目の視点

ヒューストン警察と消防署は、事件対応にあたる人員に有用なデータと情報を与えることができる追加の視点を求めていました。 提供されたソリューションは、監視のためにダウンタウンの建物の屋根に置かれたカメラのセットでした。 主に、AXIS Q1942-E Thermal Network Camerasのペアでディスカバリーグリーンの主要な各区画を監視しました。 それとは別にAXIS Q6155-Eを使用して、スタッフが会場を上からパン/チルト/ズームで確認できるようにしました。

ヒューストン消防局の消防局長補佐であるRichard Mann氏は次のように述べています。「誰かが怪我をしたり、群衆の中で倒れたりしたら、その辺りにズームインし、事件に対応する急行チームに無線で追加の情報を提供することができます。 また、一般的なカメラでは群衆は暗く映って、ほとんど影のようにしか見えない場合があります。 そこでサーマルカメラビューに切り替えれば、その群衆の密度を確認したり、個々の人物を見分けたりできます。 これによりシステムにまったく新しい視点が加わります」

建物に取り付けられている既存のカメラは、環境が一時的に変化しているため、イベントのセキュリティを確保するうえでは理想的とは言えませんでした。 20フィートのステージ、巨大な横断幕、気球、その他の障害物が絡み合ってカメラの視野が狭くなったり、カメラが遮られたりすることが判明し、よりよい視点が必要になっていました。

このシステムの取り付けの大半を担当したAxisパートナーのPreferred Technologies, Inc.で社長を務めるShaun Castillo氏は、次のように説明しています。「Jemez TechnologyのEagle-i Edge分析を使用したサーマルカメラの侵入検知とPTZ制御により、重要なデータと追加のセキュリティ機能が提供されました。 これを色調と解像度に優れた私たちのカメラに加えれば、状況を確認するのに役立ちます」

既存のネットワークを強化してサポートする必要がありました。 状況認識がとても重要です。 これらのカメラビューは、初動対応要員の能力を高め、その時々の状況で必要なリソースを見極めるのに役立ちます
Jack Hanagriff氏、法執行連絡官、ヒューストン市公共安全・国土安全保障局
Superbowl city event area by night, blue light up in sky.

波を届かせる

スーパーボウル本番に向けて盛り上がる数々のイベントのために途方もない数の人々が街を訪れることが予想され、ワイヤレス信号と混雑が大きな懸念材料になっていました。 定期的にワイヤレスで機能している市のカメラシステムには、補足のビデオフィードを送信するための新しい計画が必要でした。 Verizon Wirelessが最初に採用した対策は、ディスカバリーグリーンのファイバー基盤をGeorge R. Brown Convention Centerの司令所に追加することでした。

Verizonはまた、ディスカバリーグリーンのプロモーションビルに小さな司令センターを構築し、独自のクラウドVMSプラットフォームを使用してカメラの映像を見られるようにしました。 ヒューストン市は、独自のニーズに合わせてアクティブなカメラフィードを網羅するために、既存のVidsys CSIMを利用しました。 次に、市はダウンタウンの高台にある3台のIPカメラからビデオデータを送信するために、Siklu EH-600TX無線をペアで配備して、60GHzを超える帯域の高帯域幅を提供しました。これは下からの干渉を回避する確実な方法です。

Siklu Communicationの事業開発担当ディレクターであるAlex Doorduyn氏は、「ここでのファイバーに関する課題は、これらのカメラが設置された建物の屋根に適切なケーブルを引くことでした。 通常のワイヤレスでは、地上で高レベルの干渉が発生してしまいます」と述べています。

Aerial view of city with skyscrapers.

戦いは続く

ヒューストン市はダウンタウンの環境を完全に掌握し、100万人を超える人々がさまざまな催しやコンサートに参加するイベントの主催者として成功を収めました。 カメラシステムは、保安要員がハプニング時に現場で対応できるようにする一方で、関連する各種組織がそれぞれの任務をこなすのもサポートしました。

Hanagriff氏は、「最先端の分析を活用する能力を身に付けること、それが私たちの次の課題です。 今度はこれらのカメラで実現できるサービスを利用して、もっとこの街の人々に寄り添った仕事をしていかなければなりません」と結論しています。

Video Url

彼らのストーリーを見る

スーパーボウルライブでは、100万人以上の人々がダウンタウンを移動することが予想されていました。ヒューストン市はこの地域の警察当局からの要望に対応するにあたり、既存のカメラシステムをアップグレードする必要がありました。 ヒューストン市は、PTZ、サーマル、柔軟性の高いオプションを含むAxisのネットワークカメラを利用して、すべての拠点をカバーしました。 Axisのカメラとパートナー企業のネットワークは、このイベントを取り巻く地上作戦の支援とサポートを提供しただけでなく、一般的な安全性の要望に応えるにあたり、市がこのテクノロジーの利用を継続的に進めるためのプラットフォーム構築に必要となる分析ツールを追加しました。

製品とソリューション

Woman looking out over a city

スマート シティ

スケーラブルなカメラとIoTソリューションで、公共の安全、都市の移動性、環境の監視を実現し、街の住みやすさを向上させます。
詳細情報
Silhouettes of spectators looking out over a soccer stadium

スタジアムおよびイベント会場

イベント前、イベント中、イベント後を通して、出演者と観客を保護します。 費用対効果の高いスマートなビデオソリューションと音声ソリューションにより、あらゆる規模の群衆に対応します。
詳細情報

PTZカメラ

広い範囲の撮影を可能にするパン、チルト、ズーム機能
詳細情報

サーマルカメラ

信頼性の高い検知機能 - 24時間365日
詳細情報

モジュラー型カメラ

どこでも目立たずに監視を行える柔軟性の高いインストール
詳細情報

当社のパートナー組織