Display in store
小売店

デジタルソリューションによるサービスの改善とセキュリティおよび収益の向上

組織: Crazy Candy
場所: ウプサラ, Sweden
顧客の要望: 財産や資産の保護, カスタマーエクスペリエンス
ウプサラ, Sweden, 

スウェーデン初の無人菓子店は、Axis、Milestone Systems社、Entryfy社の包括的なシステムを設置して、セキュリティを最適化し、サービスを改善して利益を増やしています。

課題

菓子小売業者のCrazy Candy社は、コロナウイルスのパンデミックの結果として、コストとスタッフ数を削減する必要がありました。 無人営業への移行を念頭に置いて、同社は顧客と店舗を安全に保ちながらビジョンを実現したいと考えていました。 業務をサポートするためのアクセスコントロール、ネットワーク監視、IP音声などから成る完全なソリューションが求められ、その結果、人件費の削減、営業時間の延長、優れた顧客体験が実現しました。

解決策

AXIS A1001 Network Door Controller、AXIS P3245-V Network Cameras、AXIS C1004-E Network Cabinet Speakerと、Milestone Systems社のクラウドベースのビデオマネジメントシステム (Milestone XProtect® Professional+) で構成される、Axisの包括的なシステムが選択されました。 無人での入場を可能にするために、携帯電話でQRコードを読み取り、モバイルBankIDで本人確認を行うEntryfy社のソリューションを導入しました。 確実な認証を経て、自動的に入店することができます。

効果

Crazy Candy社は、店舗のセキュリティとアクセスを改善する柔軟で包括的なソリューションから大きな恩恵を受けており、これらはソリューションは無人小売ビジョンの実現に役立っています。 各店舗の入口や売場、レジ端末などをネットワークカメラで監視し、アクセスコントロールメカニズムにより、お客様がタッチすることなくスムーズにアクセスできるようになっています。 IP音声スピーカーは、環境音楽を提供して、店内のリラックスした雰囲気を作り出します。また、必要に応じてアラートやボイスメッセージを再生することもできます。 このソリューションにより、店舗の営業時間の延長、顧客体験の向上、そして最終的にはCrazy Candy社ブランドの強化が実現しました。 また、経営陣からは売上の増加が報告されています。

当社は、Entryfy社のソリューションとAxisの製品に非常に満足しています。 これらの製品は高品質で、非常にうまく連携しています。
ダムーン・モルテザイー氏
Crazy Candy社の創設者の一人。

デジタルソリューションによるサービスの改善とセキュリティおよび収益の向上

セキュリティと収益の向上。「Crazy Candyへようこそ!」ストックホルムの北に位置するウプサラにあるCrazy Candy社の無人のバルク菓子店に来店者が入ると、ラウドスピーカーから事前に録音された音声メッセージが流れます。 ライトが点灯し、音楽が始まります。 ショップスタッフの代わりに、店舗はドアエントリーシステム、ラウドスピーカー、ネットワークカメラ、チェックアウトなど、完全にデジタル化されたソリューションを採用しています。

Candy scoops

挑戦の始まり

Crazy Candy社は、コロナウイルスのパンデミックが発生した直後に、2店舗のうちの1店舗目をオープンしました。 しかし、数か月後には、規制が強化され、売上が減少したため、店舗のオーナーは大幅なコスト削減とスタッフ数の削減を行う必要があることが明確でした。 状況はエスカレートし、店舗を閉鎖するか、店舗の成功、ひいては収益を向上させるための代替策を見つけるか、という2つの選択肢しかありませんでした。

厳しいスタート

Crazy Candy社の創設者であるダムーン・モルテザイー氏は、次のように語っています。 「私たちは絶望的な状況に陥りました。 私たちは営業を続け、お客様を取り戻したいと思っていましたが、そのためには抜本的な改革が必要なことがわかりました。 そこで、店舗を完全に自動化し、24時間営業することにしました」。

顧客体験を損なうことなく、安全な店舗を実現することが非常に重要でした。 このソリューションは、必要に応じてデバイスを組み込むことができる技術を実装した、将来性のあるものでなければなりません。 また、堅牢で信頼性が高く、完全に自動化されている必要がありました。 ダムーン氏は、次のように続けています。 「私たちが求めたのは、シームレスで包括的なソリューションであり、非常に高品質な製品を使用し、長期にわたって使用でき、継続的なビジネス要件を満たすために完全に拡張できるものでした」。

小売業のイノベーションを支援するソリューション

Crazy Candy社は、Axisのドアコントロールソリューション、ネットワークカメラとスピーカー、Entryfy社のデジタルアクセスコントロールシステム、Milestone Systems社のビデオ管理ツールで構成されるクラウドベースのシステムを設置しました。 すべての製品がオープンスタンダードに基づいて設計および製造されているため、Axisの自社ブランドとサードパーティ製のシステムの間でシームレスな相互運用が可能となり、総合的で包括的なソリューションが構築されました。

Check out area in store

店舗のドアは非接触型であり、身元を確認するQRコードとBankIDアクティベーションが必要です。 店内に入ると、照明が点灯し、環境音楽の再生が始まり、店舗のウェルカムメッセージが自動的にトリガーされます。 店舗の使用方法を説明する音声による手順説明が続きます。ダムーン氏は識別システムについて次のように説明しています。 「スウェーデンでは、BankIDと呼ばれるモバイルでアクセス可能なシステムがIDとして使用されていますが、他の技術的なIDソリューションもこのシステムで使用でき、国や地域に応じて調整できます」。

取引はデジタルチェックアウト端末で行われ、顧客は支払い前に菓子の重さを量り、スキャンします。 店内に誰もいなくなると、音楽は止まり、照明は少し遅れて消され、エネルギーを節約します。 これは、店内に長期間誰もいない場合でも電力を消費する有人店舗に比べて明らかな利点です。 店舗監視カメラは中央制御室から遠隔操作で監視および運用され、店舗数に関係なくシームレスな動作を実現します。 録画されたビデオ素材は、適用される法律に従って、必要に応じて処理され、当局に渡されます。

継続的なサポート付きの高品質テクノロジー

Axisのソリューションは、長期にわたる信頼性と、Axisのフルサポートに支えられたシンプルな操作性およびメンテナンス性を目的に設計されています。 Axisのネットワークカメラは、ワイドダイナミックレンジ (WDR) による高品質な光検知画像の撮影が可能なため、光の状態が変化してもはっきりした画像を生成することができます。 さらに、Axis Lightfinderテクノロジーは、ほぼ完全な暗闇での画像撮影を可能にします。これは、最後の客が帰ると自動的に照明が消されるCrazy Candy社のような小売店のサイトを保護するためには非常に有益です。

サイトで採用されているIP音声ソリューションは、追加のハードウェアを必要とせず、設置が簡単で、時間とコストを削減し、微調整のための技術的な専門知識の必要性を減らします。一方、Entryfy社のアクセスコントロールソリューションは、BankIDソリューションに加え、アクセスカード、コード、モバイルアプリによる開錠にも対応しています。

Camera and network speaker on wall

Entryfy社の最高執行責任者であるアマンダ・フィッシャー氏は、このテクノロジーをまとめたパートナーシップについて次のようにコメントしています。 「これは、お互いに高い信頼関係を築き、製品開発において緊密な対話を行うことができるパートナーシップのあるべき姿です。 新しいソリューション、サービス、製品を開発するとき、Axisの質の高いハードウェアを選択するのは自然なことです。 これらの製品は統合が簡単で、運用上の信頼性も抜群です。

コスト削減と収益の向上

このソリューションにより、Crazy Candy社のコストが大幅に削減されました。 また、24時間365日いつでもお買い物ができるようになったことで、お客様は柔軟性の向上を体験して収益が増加しました。 このソリューションは期待を上回り、困難な時期でも新鮮で高品質のバルク菓子に対する高い需要があることを証明しました。

Screenshot of store from above

ダムーン氏は、顧客が完全に自律的な店舗に入ることができるため、当初は盗難について心配していたことを明らかにしましたが、これらの懸念はすぐに和らぎました。 来店者は本人確認をしてから店内に入り、監視カメラで監視されているため、無駄が少なく、窃盗未遂も少ないです。人々は支払いをして正しく行動します。 いくつかの軽微なインシデントが発生しましたが、これらはすぐに解決されました。 一般的に、お客様はスタッフがいる場合よりもいない場合の方がうまく行動します。」

好評と今後の計画

Crazy Candy社は、お客様から非常に好評を博しております。 常連客には、夜に買い物をする学生や、シフト制の仕事をしている人、早朝に買い物をする高齢者などがいます。 また、混雑したスーパーマーケットで行列に並ぶよりも、Crazy Candyを利用したいという家族連れにも人気があります。

今後の計画では、次のステップとして、スウェーデンの他の場所にも新店舗をオープンする予定で、住宅地の中や隣接した場所を戦略としています。 自動音声メッセージは、カメラシステムを使って店内のお客様の動きを追跡したり、スピーカーを使ってチェックアウトに陳列されている商品の特典を伝えるたりするなど、改良が加えられています。

Screenshot of store from above

ダムーン氏は次のように結論付けています。 「私はこのソリューションに非常に感謝しています。 その柔軟性と使いやすさは、ビジネスに変革をもたらし、私が常に現場にいる必要がないことを意味しています。 スウェーデン最大の独立系無人菓子店チェーンを目指しています。Axis、Milestone Systems、Entryfyの3社が、私たちのニーズを満たす高品質なソリューションを提供してくれているので、何でも可能だと感じています」。

製品とソリューション

two happy women with shopping bags entering a store

小売業

損失防止、店舗の最適化、安全性とセキュリティに対応した統合ソリューションを活用することで、店舗の安全性と収益性が向上します。
詳細情報

ネットワークスピーカー

ボイスメッセージ用の、単一ユニットに収められた完全な音声システム
詳細情報

ネットワークドアコントローラー

オープンで柔軟 – IPベース
詳細情報

ネットワークカメラ

ネットワークビデオ市場のリーダー: 革新、品質、機会
詳細情報

当社のパートナー組織