Martin Luther King JR. Community Hospital entrance.
医療

マーティン・ルーサー・キングJr.コミュニティ病院が実践する、セキュリティに対する積極的なアプローチ。

組織: マーティン・ルーサー・キングJr.コミュニティ病院
場所: カリフォルニア州、ロサンゼルス, United States
顧客のニーズ: アクセス管理, 個人の安全, 音声検知
カリフォルニア州、ロサンゼルス, United States, 

医療センターでは、高度な分析技術と統合されたネットワークカメラを使用して、患者とスタッフの安全を確保しています。

ミッション

マーティン・ルーサー・キングJr.コミュニティ病院 (MLKCH) は、2013年の開業以来、セキュリティを非常に重視してきました。ロサンゼルス南部のウィローブルック地区に位置するこの病院では、医療を必要としている地域社会住民のために安全で開かれた空間を提供できることが重要でした。 病院は開設以来、Axis Communicationsのネットワークカメラを使用してきましたが、MLKCHが利用していたサードパーティのセキュリティチームが、システムの監視と保守を効果的に行えないことがわかりました。 そこで、管理者はより適切なソリューションを探し始めました。

解決策

MLKCHとAxisのこれまでの関係も手伝って、この医療センターは、現在使用しているAxisカメラと完全に統合できる効果的なビデオ管理システム (VMS) をすぐに見つけることができました。 さらに、MLKCHは、高度な音声分析機能とIPカメラの統合など、病院のセキュリティをさらに高める革新的な新技術を特定できました。病院はカメラをVMSと統合し、コマンドセンターでテクノロジーの完全なアップグレードを開始しました。これにより、セキュリティチームは、セキュリティアラートが発生したときに高品質でリアルタイムの映像を受け取ることができます。

結果

Axisと協力することで、MLKCHは病院全体で、より効果的なセキュリティとアクセスコントロールを実現できるだけでなく、病院の母子ユニットや分娩エリアなどの専門的でリスクの高いエリアに合わせてセキュリティをカスタマイズすることもできます。 ネットワークカメラを通じて、セキュリティ担当者は、これらの高セキュリティエリアに入ろうとしている人々を鮮明でクリアな映像で確認でき、それらの人々の身元確認に役立つ双方向通信機能を利用できます。

また、外部のセキュリティ管理により、病院は、侵入者が敷地に入ろうとする事態が発生する前に、潜在的な侵入者を特定できます。 これらの新しいソリューションの展開が成功したことで、MLKCHは、将来さらに高いレベルでの安全性を促進するために、レーダー検知や顔認識など、Axisとそのパートナー企業が提供する他のセキュリティ技術の調査を開始する自信を持つことができました。

包括的なネットワークカメラソリューションを展開するMLKCH

病院や医療施設にとってセキュリティは常に最優先事項ですが、治安の悪い都市中心部の病院は、患者、スタッフ、訪問者の安全確保の点で、さまざまな特別な課題に直面しています。 マーティン・ルーサー・キングJr.コミュニティ病院 (MLKCH) は、2013年の設立以来、安全でセキュリティの高い施設としての評判を確立していますが、このロサンゼルス南部にある医療施設の管理者は、その安全な環境を維持するための措置を講じることの重要性を認識していました。 そのために、病院は最近、セキュリティサービスの大幅なアップグレードをAxis Communicationsに依頼しました。

「私たちは常にAxis製品を院内に設置してきました」と、マーティン・ルーサー・キングJr.コミュニティ病院のサポートサービスディレクターであるMark Reed氏は説明します。 「Axisとは素晴らしい関係を築いています。 私たちの包括的なセキュリティシステムでは、病院全体のさまざまなホールにAxisネットワークカメラを配備しており、過去2年間に数々のアップグレードを確認してきました」

Exterior of Martin Luther King JR. Community Hospital, road and palm trees in front.

病院は最近、ビデオインターカムシステム全体を、Axisが提供する2N®ビデオインターカムシステムに移行しました。これにより、アクセスコントロール箇所での双方向ビデオ通信が可能になり、セキュリティ担当者は入ろうとしている人々をより効果的にスクリーニングできます。 この改善を通じて、MLKCHでは、許可された担当者のみが入れるよう制限することにより、産科病棟など注意の必要なエリアをより適切に保護できるようになりました。

人の出入りの激しい共用エリアにAxis IPカメラを導入することで、病院はすべり、つまずき、転倒の原因を突き止め、責任を軽減することもできました。 この特別な使用方法により、詐欺的な責任訴訟が起きた場合に病院は数万ドルを節約できる可能性があり、そのリソースを患者の治療と保護に再配分できます。

将来の安全性をさらに高める計画的アップグレード

MLKCHは、IPカメラとビデオ管理機能の最近のアップグレードに加え、Axisと協力して、病院の敷地をより適切に保護するのに役立つ他の新しいテクノロジーを特定しました。米国労働安全衛生局 (OSHA) によると、深刻な職場内暴力のリスクは、医療従事者の場合、他の業界のほぼ4倍であり、潜在的に攻撃的な行動または危険な行動を特定することは、病院が、患者だけでなく従業員の保護を強化するのに役立ちます。

「現在、私たちはAxis CommunicationsのパートナーソリューションであるSound Intelligenceの設置を進めています。これは、救急処置室、メインロビー、カフェテリアでの攻撃検知と銃声検知を実現するものです」とReed氏は説明します。 「銃声だけでなく、攻撃や窓の破壊も検知します。 当院にとって攻撃検知は素晴らしいソリューションになると考えています」

Path surrounded by blue decorations and palm trees, between glass buildings.

MLKCHでは、人の出入りが激しい高ストレス環境でSound Intelligence分析をAxisカメラと統合することにより、そのセキュリティシステムを使って、ビデオベースのIPカメラよりも迅速に脅威を検知できるようになります。 攻撃的な行動を検知する機能を使用することで、病院スタッフは、危険な状況がエスカレートする前にその状況に対処できます。 また、病院では、許可された担当者をシステムが認識し、潜在的な侵入者を発見した場合はセキュリティアラートを発することができるように、特にアクセスが制限されたエリアでの顔認識技術の実装を検討しています。

Glass building with parts in different heights, viewed from below.

病院の敷地を常に保護することが最も重要であるため、MLKCHでは、通常の時間外に活動がほとんどないバックドックやその他のエリアに、レーダー検知技術を導入することも検討しています。 レーダー検知では、人や物を検知し、その正確な座標をエリア内のIPカメラに送信できます。これにより、セキュリティチームが手動で操作することなく、潜在的な侵入者が自動的に拡大表示されます。 さらに、セキュリティチームに対してリアルタイムのアラートを発することができます。これは、MLKCHが特に関心を持っている機能です。

Axisとは素晴らしい関係を築いています。 私たちの包括的なセキュリティシステムでは、病院全体のさまざまなホールにAxisネットワークカメラを配備しており、過去2年間に数々のアップグレードを確認してきました。今後さらにアップグレードの実施を計画しています。 また、最近、ビデオインターカムシステムをAxisが提供する2Nソリューションに移行しましたが、これには非常に満足しています。
マーティン・ルーサー・キングJr.コミュニティ病院、サポートサービスディレクター、Mark Reed氏。

より個人に合わせた治療の実現

MLKCHが展開を検討しているもう1つのテクノロジーは、患者監視技術です。 MLKCHではネットワークカメラによる共有エリアの安全な監視については非常に成功していますが、病室にカメラを設置することには抵抗があります。 サーマルカメラのような技術を使用すると、患者のプライバシーやアイデンティティを犠牲にすることなく、リスクの高い患者のより高度な保護を実現できます。そのため、将来的には、このようなカメラが病室に設置される可能性があります。

「患者の監視は、ベッドからの患者の転落を防止するのに役立つ可能性があります」とReed氏は言います。 「私たちは、この件について話し会い、 このようなカメラを高リスクの患者の病室に設置した場合、患者が転落する前に病室に駆けつけて、転落を未然に防ぐのに役立つかどうかを検討しています」

Hope emergency center sign, building from outside.

今後を見据えたMLKCHの姿勢からわかるように、この病院が、現在のネットワークソリューションの成功から、他の新しいテクノロジーの活用に踏み切る自信を得たことは明らかです。 注意の必要なエリアを潜在的な侵入者から守るため、あるいは、難しい症状の患者や高リスクの患者に関して、患者本人または他の人々にとって潜在的に危険な状況が生じるのを防ぐためなど、MLKCHは、これからもAxis Communicationsとの関係に基づいて、現在と将来の病院の安全性とセキュリティの改善機会を得ていくことでしょう。

製品とソリューション

Close up of a young girl with teddy bear

医療

ビデオとコネクテッド テクノロジーを活用することで、より少ないリソースでより多くの患者の治療をサポートし、同時に個人の安全性を向上させ、盗難を減らすことができます。
詳細を見る

ネットワークインターコム

スマートで革新的なネットワークインターコムソリューション
詳細を見る

Axisのパートナー組織