六本木の賑わいと安全な街づくりに貢献する 映像データの利活用をアクシスのカメラが支える

人流計測と防犯監視を同時に実現するスマート街路灯

「これまで感覚的に捉えていた来街者の通行量や属性を、数値として客観的に見ることが、最大のメリットです。街づくりに関する行政や交通管理者、工事関係者との調整の場においても、説得力のある根拠データとなっています。」 六本木商店街振興組合理事長

課題

国際的でお洒落なエリアとして常に多くの人で賑わう六本木商店街では、さらなる地域活性化のために安全性を高めながらより有効な集客策・売り上げ貢献策を模索していた。映像解析の技術を使って来街者のデータを可視化したいという考えに至るが、そこにはプライバシーの問題があった。そこでこの分野に知見のあった弁護士から日本電気株式会社(以下NEC)を紹介され、技術とプライバシーの面での相談を行った。その後、街路灯と防犯用カメラの更新が決定し、街の賑わいを創出するためのデータ分析と街の安全安心を守るという要望を同時に実現する、先進的な六本木の地にふさわしい全く新しいコンセプトが求められることとなった。

解決策

この要望をかなえるソリューションの形の1つとして、スマート街路灯というコンセプトが生まれた。LED照明、通信機器、カメラ、スピーカー、サイネージと多機能を1本に集約したスマート街路灯を六本木交差点に設置し、画像解析技術を用いて、防犯及び人流計測を行う。画像解析技術は、画像から人物・顔を自動で検出し、年齢・性別などを推定するNECソリューションイノベータ株式会社の「FieldAnalyst」を使用している。「AXIS Q3518-LVE」は1台で2つのビューエリアを持つことのできるマルチビューストリーミング機能を使って、広角の映像は防犯用途へ、切り出した映像も映像分析へ耐えうる解像度を保って利用される。プロジェクトはNECとの実証実験を経てプライバシーに十分配慮した形で実現された。

効果

撮影したカメラの映像から画像解析技術により、来街者の移動方向、属性(性別・年代)および人数を24時間リアルタイムに分析できるようになった。実証実験の期間を含め現在約2年半分のデータが蓄積され、推定データに基づき集客施策・売上向上施策の検討に役立っている。さらに行政との交渉の際に説得力のあるデータとしても活用されている。今後は把握した属性に応じたサイネージによる情報発信や、スピーカーとの連携で集客誘導の計画もされている。今回のデータ利活用をベースにした街づくりの取り組みは、スマートシティを地域と共に目に見える形で実現した初の事例として各方面から注目を浴びている。

関連リンク

小売店