インスタントリプレイの確認

オンタリオ・ホッケーリーグでは、放送品質のAxisネットワークカメラを 使用して、審判員によるゴールやペナルティの判断に役立てています

「 60フレーム/秒で録画できる高解像度のAxisカメラをネット上に配置することで、審判の氷上での判定を即座に確認したり修正したりできます。テレビ放送の映像をAXIS Camera Stationビデオ管理ソフトウェアに統合できるため、あらゆるゴールとペナルティを複数の角度から確認することができるというメリットもあります」オンタリオ・ホッケーリーグ、審判員長、コンラッド・アッシェ (Conrad Hache) 氏。

課題

ホッケーは動きの速いスポーツです。スラップショットでは、パックが時速145 km以上の速さで氷の上にたたきつけられることもあります。アタッキングゾーンでは、選手がせめぎ合い、スティックやスケートの画像がぼやけてしまう場合が少なくありません。この激しい攻撃の中、最大30フレーム/秒のビデオカメラでゴールやペナルティを確認することは、ほぼ不可能でした。オンタリオ・ホッケーリーグ (OHL)は、確実な判定を行うため、より高速で高解像度の録画テクノロジーを必要としていました。

解決策

リーグは、Axisパートナーのシステムインテグレーター、Northern Alarm Protection (NAP) 社に協力を求めました。NAP社は、20か所にあるリーグの各アイスリンクに、AXIS V59 PTZ Network Camera 2台をネットに向けて、AXIS Q16カメラ1台をゲームクロックに向けて、設置しました。カメラは、AXIS Camera Stationビデオ管理ソフトウェアによって制御されます。このソフトウェアには、カスタマイズされたソフトウェアインターフェースが組み込まれており、リモート操作でライブ映像をリーグ本部の審判員と、試合を放送するローカルネットワークテレビ局にデュアルストリーミングします。また、AXIS Camera Stationは、インスタントリプレイシステムにネットワークテレビのカメラ映像を受け入れます。これにより委員会は、複数のカメラアングルから各ペナルティとゴールを確認してから、審判の判定に対する最終決定を下すことができます。 効果 映像をフレームごとに拡大できるため、委員会は審判の判定の確認に自信を持って数秒で決定を下し、試合の流れを止めずに続行させることができます。また、アクシスのカメラのHDTV画質により、リーグの企業パートナーは、ゴールキーパーのネットの背後にある広告スペースの高い視認性を得ることができます。

関連リンク

Voir la vidéo
Watch the video to see the solution at work
AXIS Q1615 ネットワークカメラ
AXIS V5915 PTZ Network Camera
スタジアム&会場

パートナー

http://northernalarm.com/our-products/axis