歴史

アクシスのストーリー

真の起業家精神と高い水準

アクシスコミュニケーションズは、1984年にMikael Karlsson、Martin Gren、Keith Bloodworthによって正式に設立されました。 その前年、Mikael KarlssonとMartin GrenはKarlsson&Gren Firmwareを設立したものの、Keith Bloodworthと出会い、アクシスコミュニケーションズを創設しました。 Martinは製品に関するビジョンを持ったエンジニア、Mikaelは経営管理者でした。そしてKeithは会社をAxis(アクシス)と命名し、間接販売モデルを考案しました。

このビジネスモデルにより、アクシスはネットワークカメラおよびビデオエンコーダ市場の世界的なリーダーになりました。 現在、アクシスはネットワークビデオの開発を推進しており、豊富なネットワークビデオ製品を提供し、さまざまなInternet of Security Things (セキュリティに関するモノのインターネット) 製品を生み出して、IPネットワークの使用を拡大しています。

アクシスのマイルストーン

アクシスが形作られた瞬間

1984~1990年 – IBMメインフレームおよびミニコンピュータープリントサーバー
最初の製品は、PCプリンターをIBMメインフレーム3270ネットワークに接続できるプロトコルコンバータでした。 市場に参入したのは最後でしたが、革新的な製品と、ビジネスにおけるパートナーへの傑出したロイヤリティによって、世界第2位になりました。 この間に、米国で最初の子会社も設立しました。

当時、IBMメインフレームの終焉に関する話題が一般的になっていました。 アクシスはIBMメインフレーム印刷を基盤にして設立されたばかりだったため、イノベーションの必要性を認識して、社内に新しいアイディアを試すことができる非常にオープンで革新的な環境を整えました。

1990~1995年 – プリンター向けネットワーク技術のリーダー
インターネットが出現し、アクシスはネットワーク接続のパイオニアとなりました。 TCP/IP印刷、後にマルチプロトコルプリントサーバー (アクシスが業界初) に重点を置き、急速に成長しました。 最初のETRAX®チップ (インターネットアクセスを備えた組み込みデバイス) をリリースし、アジアにオフィスを設立して、業界で第2位になりました。 

1995~1998年 – どこにでも接続できるネットワークアクセス - ThinServer
アクシスは、ネットワークをよりスマートにし、さらに多くのハードウェアを簡単かつ経済的にIPネットワークに接続することに注意を向けていました。 取り扱いはオープンスタンダードのみとして、独自のプロトコルからの撤退を決定しました。

1995年に、ネットワーク光学ストレージソリューションの立ち上げに成功し、このカテゴリーで世界をリードするサプライヤーになりました。 「ThinServerテクノロジー」と名付けられたこのテクノロジーは、現在では世界中でモノのインターネット (IoT) として知られています。 つまり、アクシスは20年も時代を先取りしていたのです。

関連トピックのホワイトペーパー: 

1996年 – 世界初のネットワークカメラ
次に開発したのが、最大のマイルストーンの1つである、世界初のネットワークカメラ「Neteye 200」です。この発明は業界に革命をもたらし、アナログだったビデオ監視をデジタルへと変革しました。 間接販売モデルの保持を決定し、CCTV業界の運営方法に革命をもたらしたことも、同じように重要な点でした。 アクシスが世界初のネットワークカメラ開発に着手したのは、CCTV業界に精通していたからではなく、それを実現できる能力を持っていたからです。 当初、市場を「lite surveillance (ライト監視)」名付けていました。たとえば、3フレーム/分 (当時のアクシス製品のパフォーマンス) に収まる、石油およびガス産業の石油掘削装置などの用途で使われていました。 Neteye 200を使用して海洋における油の流出を監視し、Webインターフェースを介して1日に2回ビデオを録画することで、顧客はわざわざ現地に飛んで行く必要がなくなりました。

Neteye 200は、アトランタのN+I展示会で初めて披露されました。 初期からの顧客の1人に、初代Neteyeを2台注文したApple社のSteve Wozniak氏が挙げられます。 本製品は業界で複数の賞を受賞しました。

1998年 - 世界初のビデオエンコーダ
Neteye 200のマーケティング活動中に、顧客がNeteyeを気に入ったとしても、アナログカメラを使用していたため、Neteyeに置き換えることができないということが分かりました。 そのため、IP接続をより多くの種類のハードウェア (最初のビデオエンコーダ (1998) など) に拡大し続けました。 ビデオエンコーダは大きな節目となり、ユーザーが既存のアナログCCTVシステムを最新のIPテクノロジーと統合できるようになりました。 最初のネットワークビデオ製品の性能は良くなかったため、当社初のビデオチップとなるARTPEC-1にも費用を投じました。 

1999年 - 近年のネットワークカメラの基準を設定したAxis 2100の登場
もう1つのマイルストーンとなった大きな出来事は、当時世界で最も人気となったネットワークカメラ「AXIS 2100」の発表で、5年連続トップの座を維持しました。 このカメラは、自社製品のビデオチップ (ARTPEC-1) が初めて使用された製品でした。さらに、組み込み製品にLinuxオペレーティングシステムを利用することで、ネットワーク製品の設計基準を定めることにもなりました。

ネットワークビデオの販売を促進するために、2000年には業界初のパートナープログラムも構築しました。

パン、チルト、ズーム機能を備えたAXIS 2130 PTZ Network Cameraは、広い範囲をカバーし、優れたディテールを実現して、監視を新しいレベルへと引き上げました。 アクシスとCanonが共同で開発しましたが、Canonは機械を提供し、アクシスはARTPECチップを使用するビデオエンコーダを提供しました。 またこの年は、ネットワークカメラの開発を行う強力な競合他社が現れた最初の年でもありました。このような競合により、ネットワークカメラのテクノロジーはより確立されたものとなり、業界のスペシャリストの分析対象になりました。

2002~2010年 – イノベーションの時代
2002年までに、アクシスは接続性のスペシャリストからネットワークビデオ市場における世界第1位の企業へと変貌を遂げました。 コアテクノロジーと製品を開発するためのノウハウを、オープンスタンダードアプローチ、強力なビジネスモデル、主要なパートナーシップと組み合わせました。

2004年には、アクシスパートナープログラムを開始しました。またPower over Ethernet (PoE) およびMPEG-4圧縮を搭載した最初のネットワークカメラを発表し、最初のHDTV解像度ネットワークカメラの販売を開始しました。

2010~2014 – 世界が認める製品開発
2010年、Axisはまたも世界初となる製品、サーマルネットワークカメラを発表しました。 さらに、2011年には、世界で最も光感度が高く、夜間でもカラー映像を生成できる画期的なカメラ、Lightfinderカメラを発表しました。 この製品は、2012年のウォールストリートジャーナル・テクノロジーイノベーションアワードを受賞しました。この1年後、Axisは原点に戻り、インターネットにインテリジェントデバイスをプラスするという新しい波を起こしました。 これによって誕生した最初の製品が、Axisが物理アクセスコントロール市場に参入することとなったAXIS A1001です。 これにより、Axisは、ネットワーク化されたテクノロジーによる市場拡大のチャンスを見出しました。 これをAxisは「Internet of Security Things」(セキュリティに関するモノのインターネット) と呼んでいます。

2015年以降
2015年2月、Canon Inc.はAxisの全株式の取得を目指し、公開買い付けを行うことを発表しました。 現在、CanonはAxisのオーナー企業です。 Canonグループの一員として、Axisは別会社として運営され、独自のグローバルパートナーネットワークを通じて、付加価値の高い製品をお客様に提供し続けています。

現在、Axisはイノベーションの新しい波に取り組んでいます。 ネットワークカメラの光感度、ダイナミクス、色再現性、解像度など、Axisのカメラ技術は進化し続けています。 さらに、アクセスコントロール、ネットワークホーンスピーカー、IPビデオドアステーションなど、「モノのインターネット」と呼ばれる新しい市場の開拓も進めています。 ユーザーのニーズに応える新しい、革新的でスマートなソリューションを生み出すというビジョンのもとに、製品のラインナップを拡大して、このビジョンを達成し続けます。 

アクシスのマイルストーン

Martin Gren

Mikael Karlsson