音声検知

スマートな音検知機能搭載カメラによる最適化されたセキュリティ

セキュリティ上の問題の多くは、ある種の音によって始まります。攻撃的な行為、銃声または窓ガラスの破壊などを伴う事象が発生した場合において、音検知機能を搭載したカメラは、貴社のセキュリティシステムに大きな付加価値をもたらします。潜在的な事件および実際の事件が起きた際に、自動的に警告を発し迅速なアクションを可能にすることで、被害を最小限に抑えます。

仕組みを見る

音による警告、視覚による検証

このソリューションは、高度な音声分析を実現するパートナー開発ソフトウェアを搭載したアクシスカメラに基づいています。このカメラは、事前に設定したノイズを継続的に確認し、物音を検知すると警告を発します。これにより、セキュリティオペレーターによる迅速なアクションを保証します。オペレーターは、警告を発しているカメラとその付近のカメラからのライブ映像を見て、迅速に状況判断をすることができます。システムにはスピーカーを追加することも可能です。スピーカーを搭載することにより、遠隔から犯罪者と即座に対話し状況の悪化を防ぐことが可能となります。

このソリューションが聞くのは、事前に設定した音の特徴であり、話し声ではないため、言語に依存せず、個人情報も保護します。

脆弱な状況下での迅速なアシスト

音声分析機能搭載カメラは、貴社の受動的な監視システムに、積極的な対策を追加します。このカメラは、以下のような1秒を争うさまざまな状況において、遠隔からの迅速な対応を可能にします。

  • スタッフや乗員が、薬物中毒者・酩酊者および乱暴な行為にさらされる危険がある公共交通システム。攻撃の早期発見により、身体的な攻撃へエスカレートする前の、言語による攻撃段階での介入が可能となり、暴力のリスクを軽減します。
  • 刑務所および矯正施設。受刑者や入院患者が故意にカメラの目を盗もうとすることの多い環境に有益なトラブルセンサーを取り付けることにより、対応します。 
  • 夜間の店舗。攻撃や凶器を使用した強盗が発生した場合、自動音検知により対処するまでの時間を短縮することが可能です。また、夜間に店舗を閉めているときは、窓ガラスの破損に対し自動的に警告を発するソリューションを使用することにより、強盗に対する迅速な介入を保証します。