AXIS T864 PoE+ 同軸変換シリーズ

同軸ケーブルを維持しながらIPにアップグレード

  • 自分のペースでネットワークビデオへ移行する
  • 同軸ケーブルの再利用
  • 簡潔でコスト効率よく行う – ダウンタイムの回避
  • コスト削減のための同軸ケーブルへのPoEの統合

ご利用のアナログビデオカメラの一部、またはすべてを取り換えるときではありませんか?Axisのビデオエンコーダーを使用する準備はできていますか?AXIS T864 PoE+ 同軸変換シリーズは、次のステップである高度なネットワークビデオソリューションへ、論理的に進むために、簡単でコスト効率のよい4つの方法を提供しています。たとえば長距離が制限要因である場合、AXIS T8640またはAXIS T8646によってデバイスユニットにローカル電源を追加して停電を最小限に抑え、範囲を拡張することが実現可能です。または、コンパクトで目立たないようにインストールする必要がある場合は、ハウジングまたはバックボックスを選びAXIS T8645またはAXIS T8648によりきれいに収納することが可能です。常時PoE+ 同軸変換ソリューションをご用意しております。 

同軸ケーブルで2つのタスクを実行する

AXIS T864 PoE+ 同軸変換シリーズを使うと、アナログカメラをAxisネットワークカメラに交換する場合に、入れ替えが難しい敷設済の同軸ケーブルを再利用することができます。これは、自分のペースで、同時に1台のカメラでも複数のカメラでも、IPに切り替えることが可能であることを意味しています。これにより、重大なダウンタイムの発生が回避できます。さらに、PoE over Coax (同軸ケーブルによるPoE) への統合により、効率のよい電力管理を実現することもできます。 

ネットワークビデオを使用するメリット

アナログでAxisネットワークビデオを使用する場合には多くのメリットがあります。たとえば、資源の節約をサポートする必要がある帯域幅とストレージを最小にしながら、Axis IPカメラで高画質を提供できることです。また、映像監視と映像分析を統合して、運用やリソースの割り当てについてスマートに決定し、IPカメラをビジネスツールとして使用できるようになります。

ご利用の現在のソリューションに関係なく実行できます…

Axis 同軸イーサネット変換アダプター

ネットワークカメラを同軸ケーブルへ接続するには変換アダプターを使用します。同軸ケーブルからネットワークへ接続するには、2つ目の変換アダプターを使用します。

Axis PoE+ 同軸変換ブレード

Axis PoE+ 同軸変換ブレードは、すべてのAxisビデオエンコーダ用シャーシに適合します。エンコーダブレードとPoE+ 同軸変換ブレードはすべての組み合わせで使用できるため、自分のペースでネットワークビデオカメラへのマルチチャンネル移行を実行できます。