AXIS Perimeter Defender PTZ Autotracking

検知された物体の自動クローズアップ用

  • PTZカメラをAXIS Perimeter Defenderを実行している固定カメラと同期します

  • アラーム対象物体の自動ズームイン表示を有効にします

  • エッジベースのアプリケーション

AXIS Perimeter Defender PTZ Autotrackingを利用すると、PTZカメラが自動的にアラーム対象物体にズームインして追跡できるため、侵入者の詳細情報を取得するのに役立ちます。 この機能は、AXIS Perimeter Defenderの分析機能で使用するオプションのアドオンアプリケーションとして利用できます。 このアプリケーションをPTZカメラにインストールすると、AXIS Perimeter Defenderの分析機能を実行する固定サーマルカメラまたは固定ビジュアルカメラからPTZカメラを自動的に操作して、固定カメラの検知ゾーン内にあるアラーム対象物体のクローズアップを表示することができます。

同期

固定カメラはPTZカメラとペアリングされると、検知されたアラーム対象物体の位置データをPTZカメラに送信し、PTZカメラの方向とズームレベルを制御します。 PTZカメラは、固定カメラの検知ゾーンに表示される新しい物体を含めて、すべてのアラーム対象物体が表示されるようにズームレベルを自動的に調整します。

犠牲なし

PTZカメラと固定カメラのペアリングにより、検知範囲を犠牲にすることなく必要な細部にズームインできます。固定カメラが視野全体を監視し続けるためです。また、PTZカメラを手動で制御する必要はありません。 ただし、カメラのオペレーターは、物体が固定カメラの検知ゾーンから出てPTZオートトラッキングが停止した後など、いつでもPTZカメラを手動で制御できます。

オートトラッキング機能は特定のAxis PTZカメラでのみ機能し (リストを参照)、1台の固定カメラと1台のPTZカメラのペアリングでのみ使用できます。 オートトラッキング機能の使用においては、PTZカメラの適切な配置と取り付け、および適切なキャリブレーションが重要です。

同じインストールプログラム

固定サーマルカメラまたは固定ビジュアルカメラで、AXIS Perimeter Defenderの分析機能のアップロードと設定に使用したものと同じインストールプログラムを使用して、PTZカメラでPTZオートトラッキングアプリケーションのアップロードと設定を行います。

PTZオートトラッキングアプリケーションはエッジベースのアプリケーションであるため、PTZカメラにインストールした後、追加のサーバーや高価な中央処理サーバーは必要ありません。

一方、AXIS Perimeter Defender用の設計ツールを使用すると、検知範囲とPTZオートトラッキングが最適になるように、固定カメラとPTZカメラを設置する場所と方法を計画できます。

購入方法

AXIS Perimeter Defender PTZ Autotrackingのライセンスは、PTZカメラごとに必要です。 このライセンスは、AXIS Perimeter Defender分析アプリケーションに必要なライセンスとは別売です。 ライセンスは、ライセンスキー登録ページから有効にすることができます。

Download software

このソフトウェアの最新バージョンは 3.1.0
ダウンロード
リリースノート

User manual

AXIS Perimeter Defender

 

AXIS Perimeter Defender用の設計ツール

購入する

Axis製品は、グローバルパートナーネットワークを通してご購入いただけます。

パートナーを探す