M50 ceiling mount

IPベースのビデオに切り替える10個の理由

鮮明な動き

IPカメラでは、インターレースによる問題は発生しません。プログレッシブスキャンにより、優れた画質で、各フレームに画像をキャプチャーします。

すべてのカメラは一度に1つのラインで画像をキャプチャーします。 IPカメラは、画像全体をパスごとにスキャンするプログレッシブスキャンを使用しています。

ほとんどのアナログカメラはインターレーススキャンを使用しています。つまり奇数番号のラインのみが最初のパスでスキャンされ、偶数番号のラインが次のパスでスキャンされます。そして、2つのサブセットを組み合わせて1つの画像を生成します。この方式における問題は、パス間で生じる動きが最終的な画像では不鮮明になってしまうことです。

図9:インターレーススキャン方式 (左) では、画像がぼやけることがありますが、プログレッシブスキャン方式 (右) では、画像全体がパスごとにスキャンされるため、鮮明な画像が生成されます。

Interlaced and progressive scanning

図10:左側はインターレーススキャンを使用しているアナログカメラによる画像です。右側はプログレッシブスキャンを使用しているアクシスのネットワークカメラによる画像です。どちらのカメラも同様のレンズを使用し、車の速度も等しく20 km/h (15mph) でした。運転者の顔がはっきりと見えるのは、プログレッシブスキャンを使用した画像のみです。

容易な拡張