Power Surges

電力サージ

保護

アクシスのカメラには、一定の過度電圧への耐久性を備えた設計が施されています。これらの設計は、正しく取付けを行うことを前提条件としています。

カメラとスイッチを接続するネットワークケーブルの近辺では、強い電界および磁界が生じることにより、ケーブルに沿って過渡電圧が発生する場合があります。シールドネットワークケーブル (STP) を使用することで、シールドにより電力が隔離され、カメラに達することなくアースへ誘導されます。そのためには、通常Power over Ethernetスイッチまたはミッドスパンといった給電側機器 (PSE) を介して、シールドを断線することなく接地する必要があります。

図1:過渡電流から保護するため、必ずシールドケーブルを使用してください。

正常に機能するよう、PSEを確実に接地してください。アクシスのPoEミッドスパンは、シールドの正常な機能を確保するため必ず接地されたソケットに接続してください。

Switch

図2:専用のアース端子を持つネットワークスイッチ

上記の画像のようなデスクトップスイッチでは、送電線を介した接地接続がない場合があります。こういった場合、スイッチは個別に接地してください。

設置は、必ず配線経路全体に配慮して実施してください。複数のネットワークケーブルをカメラに接続する場合は、各ケーブル、パッチパネルおよびカップリングがシールドされていることを確認してください。

まとめ