Lenses for network video cameras

ネットワークカメラ用のレンズ

固定または調整可能絞り

画質という点では、カメラの絞りの開きを調節する能力は重要な役割を果たします。 絞りがイメージセンサーに届く光量レベルを最適な状態に保つことにより、適正なコントラストと解像度で、正確に露光された鮮明でクリアな画像が得られます。 絞りは被写界深度も制御します。 絞り制御は固定または調整可能となっています。 調整可能な絞りレンズは、手動または自動 (自動絞りとPアイリス)です。

光量がほぼ一定の屋内環境では、絞りが一定のF値に固定されたレンズを使用することができます。 ただし、露出時間やゲイン設定を調整して、光量レベルの変化に対する補正を行うこともできます。

手動絞りレンズの場合、レンズに付いているリングを回して絞りを開閉することにより調整できます。 この方法は、屋外の監視など、光の条件が変化する環境には不向きです。