Axis独自のZipstreamテクノロジー

少ないストレージで、より多くのビデオを保存

  • 解像度を維持する
  • フレームレートを維持する
  • 追加投資は不要

映像監視用に最適化されたAxisのZipstreamテクノロジーは、一般的な24時間無休監視の多くの状況で、帯域幅とストレージの要件を平均50%またはそれ以上削減することができます。

現場検証用の価値を保持する

AxisのZipstreamテクノロジーは、ビデオストリームをリアルタイムに分析および最適化します。 重要な詳細部分を含むシーンは最高画質と解像度で録画し、その他の領域はフィルター処理で除去します。 顔やタトゥー、ナンバープレートといったフォレンジック用の詳細部分は分離・保存される一方、白い壁や芝生、植物など、あまり重要でない部分は平滑化されて細部は除去されます。 その結果、利用可能な帯域幅とストレージが最適使用され、大幅に節約されます。ZipstreamもPTZカメラの動きに自動的に適応します。 カメラがパン、チルト、またはズームされるときに自動的に有効になるダイナミックレートコントローラーにより、帯域幅のピークが回避されます。

追加投資は不要

Zipstreamは、Axisの他のテクノロジー (フォレンジックWDRやLightfinderなど) と一緒に利用できます。 ZipstreamはH.264圧縮規格に完全に適合し、追加の投資をすることなく、Axisの最新カメラ製品やAXIS Companion、およびサードパーティー製ビデオ管理ソフトウェアと共に使用することができます。
 

対応する製品

新しいダイナミックフレームレートでさらに節約

Axis独自のZipstreamテクノロジーの最新の拡張により、画像の重要な詳細を妥協することなく、映像監視アプリケーションでストレージと帯域幅を節約することができるようになりました。 シーンの変化に瞬時に対応して、フレームレートをダイナミックに調整します。 ダイナミックフレームレートを採用したZipstreamは、最初はファームウェアアップグレードとして利用できます。 詳細については、下のリストを参照してください。

Zipstreamダイナミックフレームレートと互換性のある製品

ダイナミックフレームレートを採用したAxis独自のZipstreamテクノロジー
Axis独自のZipstreamテクノロジー - 3つの使用例
Axis Communications' Academy (60秒) - Zipstream