Axis独自のZipstreamテクノロジー

少ないストレージで、より多くのビデオを保存

  • 解像度を維持する
  • フレームレートを維持する
  • 追加投資は不要

映像監視用に最適化されたAxis独自のZipstreamテクノロジーは、H.264圧縮テクノロジーの実装により大幅に高い効率性を発揮し、一般的な24時間連続監視の多くの例で、帯域幅とストレージの要件を平均50%あるいは、それ以上削減することができます。

Axis独自のZipstreamテクノロジーは、ネットワークカメラのビデオストリームをリアルタイムに分析および最適化するダイナミックな機能で構成されています。 重要な詳細部分を含むシーンは最高画質と解像度で録画し、その他の領域はフィルター処理を行うことで、利用可能な帯域幅とストレージ容量の最適な使用を実現します。 顔やタトゥー、ナンバープレートといったフォレンジック用の詳細部分は分離・保存される一方、白い壁や芝生、植物など、あまり重要でない部分はより圧縮され、ストレージの使用量を低減します。

Zipstreamは、PTZカメラの動きにも自動的に適応します。 カメラがパン、チルト、またはズームされるときに自動的に有効になるダイナミックレートコントローラーにより、帯域幅のピークを回避することができます。

お客様はZipstreamを、Axisの他のネットワークカメラテクノロジー (ワイドダイナミックレンジ - フォレンジックキャプチャー、Lightfinder など) と一緒に利用できます。 Zipstreamは、H.264圧縮規格に完全に適合し、追加の投資をすることなく、Axisの最新カメラ製品やAXIS Companion、およびサードパーティー製ビデオ管理ソフトウェアと共に使用することができます。

新しいダイナミックフレームレートでさらに節約

Axis独自のZipstreamテクノロジーの最新の拡張により、画像の重要な詳細を妥協することなく、映像監視アプリケーションでストレージと帯域幅を節約することができるようになりました。 シーンの変化に瞬時に対応して、フレームレートをダイナミックに調整します。 ダイナミックフレームレートを採用したZipstreamは、最初はファームウェアアップグレードとして利用できます。 詳細については、下のリストを参照してください。

Zipstreamダイナミックフレームレートと互換性のある製品

ダイナミックフレームレートを採用したAxis独自のZipstreamテクノロジー
Axis独自のZipstreamテクノロジー - 3つの使用例
Axis Communications' Academy (60秒) - Zipstream