スプリッター

スプリッター、またはアクティブスプリッターを使用して、既存のネットワークでPoEをサポートできます。スプリッタは、イーサネットケーブルを流れる電力とデータを分割し、2本のケーブルに流すために用いられます。この2本のケーブルは、PoEをサポートするデバイスに接続できます。802.3af規格では供給電圧が48V DCのため、スプリッターは、デバイスに適したレベル (12Vまたは5V) まで電圧を下げる機能を備えています。