AXIS Video Motion Detection

動体検知と録画

  • 複数の対象範囲
  • Axis誤報フィルタリング
  • 迅速で容易な設定

AXIS Video Motion Detection 4は、ほとんどの*Axisのネットワークカメラおよびエンコーダに付属する無料のビデオ分析アプリケーションです。 事前定義されたエリア内で人や車など動く物体からの動きを検出すると、アラートを送信することによって、ビデオ監視ソリューションにインテリジェンスを追加します。 カメラは動きがあったときだけに録画するので、ストレージと帯域幅も削減されます。

AXIS Video Motion Detection 4は、屋内と屋外を問わず、さまざまな光量条件で動作します。 廊下や駐車場、店内で店員のいないエリアなど、人や車両などの出入りが少ない場所や、終業後の監視に特に適しています。

*ファームウェアバージョン6.50以降を搭載したすべてのカメラ

複数のエリアで動きを検知

AXIS Video Motion Detection 4は、事前に定義した範囲内で、人や車両など動く物体によってトリガーされます。 事前に定義した複数の「範囲内」のエリアで動きが検知されるとアラームをトリガーするように設定できます。

複数のプロファイル

AXIS Video Motion Detection 4は、複数のプロファイルをサポートするので、複数の設定を作成できます。たとえば、日中用の設定と夜間用の設定に1つずつ、または対象エリア別の設定などを作成できます。 各プロファイルは、独自のアラームをトリガーし、独自の設定を持ちます。

誤報を減らす

AXIS Video Motion Detection 4は、周辺の通常の動きを分析および無視することによって、誤報の数を低減します。 Axis誤報フィルタリングは、ヘッドライト、揺れ動く木々、小動物などの妨害する物体の動きを無視できるようにして、誤報に対する追加の防御層を提供しています。

簡単な手順で設置が可能

AXIS Video Motion Detection 4のインストールとセットアップは、すばやく簡単にできます。
このアプリケーションはカメラのイベント管理システムと連携して、メール通知の送信、ビデオ管理ソフトウェアシステムへのビデオのストリーミング、エッジストレージへのビデオの録画、およびカメラの出力ポート経由での外部デバイスの作動によって、アラームに応答できます。

以前のリリース

AXIS Video Motion Detection 4をサポートしない製品については、AXIS VMD 3も使用可能です。