ワイド ダイナミック レンジ

WDR - フォレンジックキャプチャー

長年にわたる研究と開発により、WDR – フォレンジックキャプチャーを提供できるようになりました。これは当社で最も高度な画像処理テクノロジーで、最新の最も高度なカメラの一部で使用することができます。この方法は高度なアルゴリズム群を適用することで、ノイズレベルを下げ、画像信号を増大させます。これにより、シーンの詳細部分のそれぞれをできる限り良好な状態で表示します。

その結果、映像が検証用の目的に対して高度に最適化され、非常に複雑な照明条件のシーンでも、暗いエリアと明るいエリアの両方で同時にすべての詳細が撮影されます。

また、WDR - フォレンジックキャプチャー機能を備えたAxisカメラでは、WDRと低照度モードをシームレスに切り替えることもできます。現在利用できる他のWDRテクノロジーと比べると、この方法は、シーン内の重要な詳細部分を簡単に検出および識別することができます。

分かりやすくするために、次の2つの画像の詳細度を比較してみます。

図8:WDR – フォレンジックキャプチャーが適用されていない画像

図9:WDR – フォレンジックキャプチャーが適用されている画像

まとめ