フェイルオーバー録画

フェイルオーバー録画は、ネットワークエラーの場合に、画像をネットワークカメラに一時的に保存する機能です。この機能により、システムの信頼性が向上し、システム操作が保護されます。

ネットワークエラーが発生した場合、カメラからのビデオストリームは、カメラの SD/SDHC カードに保存されます。システムが通常の操作に戻ると、保存された情報はメインのシステムサーバーに自動的に転送されます。