Reducing the bit rate with Axis Zipstream

Axis Zipstreamによるビットレートの低減

リソースを低減するソリューション

ネットワークビデオの伝送や保存に必要なリソースを低減するには、さまざまな方法があります。 ビデオストリームそのものに対する変更について説明する前に、昔ながらの方法の1つとして考えられるのが、新しい録画用のスペースが必要な時に、最も古い録画を上書きすることも含め、ビデオの保存期間を比較的短く設定することです。 しかし、この方法では不十分であったり、条件に合わなかったりする場合があります。 また、もちろんのことですが、この解決法は帯域幅の節減にまったく貢献しません。

考えられるその他のオプションは、すべて何らかの画像処理を含んでいて、ビデオストリームのビットレートを低減することを目的としています。ビットレートとは、1秒当たりに転送されるデータ量の単位です。 ビットレートは、通常メガビット/秒 (Mbit/s) で測定します。

ビットレートを低減するには、以下の方法が考えられます。

  • より低い解像度で映像を記録する
  • フレームレート (フレーム/秒) を常に下げる
  • ビデオ圧縮レベルを上げる

どの方法を選択した場合でも、録画映像から監視シーンの重要な情報が失われるリスクが必ずあります。 フレームレートを下げるとフレーム数が減り、低解像度や高圧縮を選択すると、詳細部分が欠落したり、不鮮明になったりします。

Axis Zipstreamの動作原理は?