Reducing the bit rate with Axis Zipstream

Axis Zipstreamによるビットレートの低減

用途

プロフェッショナル仕様のVMSシステムでは、ビットレートの低減は非常に重要ですが、高度なセキュリティが施された施設では、通常、画質を許容レベルに維持することが最も重要な要素となります。 このようなシステムはたとえ些細な脅威であっても検知し、事象が発生した後に高度なフォレンジック調査を実施できるようにする必要があります。 Zipstreamは動きのないシーンではビットレートを低く抑えるため、高度なセキュリティシステムでの連続録画が可能になります。

Axisでは、シーンの内容に応じてリアルタイムで画質を調節する可変ビットレート (VBR) 方式のネットワークビデオを使用するよう推奨しています。 重要な検証用の詳細画像がビットレート制限のために映像から削除される可能性があるため、ストレージ低減の戦略として固定ビットレート (CBR) 方式を使用することは推奨していません。

まとめ