IPアクセス制御で新しい扉を開く

John Allen

アクセス制御市場は変化しています。最近、2017年に2年連続でアクセス制御技術が世界の物理的セキュリティ業界で最も急成長している分野であり、現在では市場全体の24%を占めていると報告されています。2018年以降も続くと予想されるこの上昇傾向は、伝統的な独自の(クローズド)ソリューションからオープンIPテクノロジへのシフトによるもので、製品と管理のパフォーマンスが向上しています。

アクセス制御は、実際には比較的単純な概念です。これは、さまざまなゲートウェイやドアを介して特定の領域において人員を管理するのに役立つソリューションです。それはまた、世界中の工場、病院、小売店、輸送ネットワークおよび他の多くの産業で利用されている、どこにでもあるソリューションです。近年では、ドアに革命がありました。Axisがネットワークビデオ技術を開拓してCCTVの世界に革命をもたらしたのと同じように、私たちはアクセス制御に関しても同じことを行っています。

従来のアクセス制御技術の何が課題になっていますか?

従来のアクセス制御システムは、ドア制御装置をオーダーメイドの管理ソフトウェアに結び付け、それがその必要なセキュリティ機能を実行します。より高度で高価なシステムでも追加機能を提供できますが、すべて特定メーカーの仕様に限定されています。これは、コントローラや認証情報からソフトウェアまで、製品全体を開発するベンダによって設計されたクローズドなシステムだからです。これはシステムの動作を保証する一方で、柔軟性の欠如も存在しています。これは古くからのベンダにとっては完全なアクセス制御ソリューションを販売できることを意味するため、このことは適しているかもしれません。ただし、エンドユーザーにとっては、これは柔軟性のないアプローチであり、エンドユーザーが必要とするシステムオプションは時間の経過とともに変化します。

クローズドソリューションが提供する柔軟性の欠如は、エンドユーザーにとって真の課題です。つまり、組織が大きくなるにつれて、まったく新しいアクセス制御システムをインストールし、古いアクセス制御システムを完全に削除しなければならず、時間のかかる、頭痛の種となります。このプロセスは、要件が再び変化したときに何度も繰り返されることがよくあります。

IPソリューションの利点

IPベースのソリューションに移行することで、新たな可能性が広がります。IoTデバイスとして、IPビデオカメラなど、ネットワーク上の他のシステムやデバイスとより簡単に接続できます。例えば、従業員がある領域にアクセスするためにドアにカードキーを提示すると、ビデオカメラはその資格を提示する人がカードの許可された所有者かどうかを識別し、その結果に応じて自動的に警告を出しアクセスを防止することができます。以下のような他のシステムとのさらなる統合も考えられます。

人事部門は、潜在的な侵入者を発見できるようになるでしょう。たとえば、年次休暇中の従業員のカードキーで建物に入ろうとする行為に対して、誰がカードを持っているのかという疑問を持てるようになるはずです。

アクセス制御の将来はIPであり、それは開かれています。テクノロジーがアクセス制御だけではなくIoTソリューションとして見なされると、その可能性は無限大になります。IPのスケーラビリティと柔軟性は、エンドユーザーが必要なソリューションから始めて、ビジネスの要件の変化に応じて簡単にスケールアップできることを意味します。それは、現在および将来のためのソリューションなのです。

IP対応のアクセス制御ソリューションの詳細については、https://www.axis.com/ja-jp/products/access-controlを参照してください。