アクシス、オールインワンタイプのアプライアンス製品で ビデオ管理ソリューションを強化

東京, 2017年 04月 19日
このコンテンツは、以下の言語で使用可能です: Japanese

「AXIS S20アプライアンスシリーズ」はビデオ管理ソフトウェア「AXIS Camera Station 5」が搭載され、箱からすぐに取り出して使えるようあらかじめ設定されています。当製品にはさらに設置を簡易にすべく、すべてのアクシス機器を自動的に検出するマネージドPoEスイッチが標準で搭載されています。

AXIS S20アプライアンスシリーズは、アクシスの幅広い製品ラインに完璧にマッチします。箱から出してすぐ使えるようあらかじめ設定され、設置とセットアップにかかる時間を減らします。
ネットワークビデオソリューションのグローバルリーダー、アクシスコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都新宿区、以下アクシス) は、ストレージ、ビデオ管理ソフトウェア、およびマネージドPoEスイッチをすべてひとつにまとめた「AXIS Camera Station S20アプライアンスシリーズ」を発表します。当製品は4K Ultra HD解像度の表示・録画をサポートします。新しい「AXIS S20シリーズ」は、カメラとモニターを準備するだけで、信頼性の高い映像監視システムを24チャンネルまで提供可能です。

本製品には、アクシスのビデオ管理ソフトウェアである「AXIS Camera Station 5」のライセンスがあらかじめ搭載されています。簡易な識別と遠隔での入室コントロールを提供するドアステーションや、音声によるコミュニケーションのためのホーンスピーカーなど、アクシスが提供する他のセキュリティソリューションもサポートされています。「AXIS Camera Station 5」は、操作を容易にするべくユーザーインターフェースが周到にデザインされており、アクシス製品にマッチしたビデオ管理ソフトウェアとして世界中で高い評価を得ています。

また、本製品はアクシスのZipstreamテクノロジーによる圧縮にも対応し、映像内の重要な詳細を犠牲にすることなく、平均で50パーセント以上のストレージ使用量を削減します。これらの特長から、本製品は、製造、教育、小売、および政府機関などにおける中規模なシステムによる映像監視に適しています。

AXIS S20アプライアンスシリーズの主な特徴



  • 各モデルに、定評あるビデオ管理ソフトウェア「AXIS Camera Station」を標準搭載


  • 「AXIS S2008」、コンパクトモデル、ビデオチャンネル8個までサポート、4 TBのストレージ容量、
    インテグレーテッドマネージドPoEスイッチ搭載


  • 「AXIS S2016」、ラックサーバモデル、ビデオチャンネル16個までサポート、8 TBのストレージ容量、インテグレーテッドマネージドPoEスイッチ搭載


  • 「AXIS S2024」、ラックサーバモデル、ビデオチャンネル24個までサポート、12 TBのストレージ容量、インテグレーテッドマネージドPoEスイッチ搭載



Axis Communicationsについて

アクシスは、インテリジェントなセキュリティソリューションを通じて、よりスマートで安全な環境の実現を目指しています。世界のネットワークビデオ市場をけん引するリーダーとして、アクシスはオープンプラットフォームを基盤とした革新的なネットワーク機器を次々と開発し、製品化しています。また、パートナーとのグローバルな連携体制を通じて、お客様に付加価値の高い製品をお届けします。アクシスでは、長年にわたってパートナーと協力関係を築いてきました。アクシスはこうしたパートナーに向け、蓄積された知見と、既存および新規市場における画期的なネットワーク製品を提供しています.
アクシスは全世界40ヶ国以上に2000人を超える熱意にあふれた従業員を擁し、179ヶ国の75,000以上のパートナーから成る連携体制に支えられています。スウェーデンに本社を置くアクシスは1984年に設立され、NASDAQ Stockholm (ティッカーシンボルAXIS)に株式上場しています。
より詳しい情報はwww.axis.comをご覧ください。