アクシス、広いエリアの全体ビューを鮮明に詳細まで提供 するマルチセンサーのパノラマカメラを発表

東京, 2016年 05月 25日
This content is available in the following languages: Japanese

新しいマルチセンサーのパノラマカメラで高解像度360°をカバーする映像監視を提供します。広いオープンエリアのモニタリングや複数のビュー方向をカバーするのに最適です。

「AXIS P3707-PE」ネットワークカメラは コストパフォーマンスに優れたマルチ センサーのパノラマカメラで、屋内外の 広いエリアにおける映像監視を提供します。
ネットワークビデオソリューションのグローバルリーダー、アクシスコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都新宿区、以下アクシス) は、マルチセンサーを搭載したパノラマカメラを発表します。8メガピクセルの「AXIS P3707-PE」は4つのバリフォーカルカメラヘッドで360°をカバーする、もしくは異なる4方向の全体ビューとズームインビューを組み合わせて使用できます。

当製品は空港ターミナル、鉄道や地下鉄の駅、広場などをモニタリングする市街監視、インフラ・プラントなどの産業設備における敷地の監視、大学のキャンパスや学校のホールの映像監視、もしくは駐車場を含むショッピングモールの屋内外におけるセキュリティ保全に最適な映像監視を提供します。

“この新しいカメラは、広いエリアの監視に優れた、高解像度の固定パノラマカメラとして市場に送り出されるものです。複数のカメラがひとつになっているため、マウントするカメラの台数を減らし、コストパフォーマンスに優れたソリューションとなります。「AXIS P3707-PE」は360°の全体ビューもしくは異なる方向の全体ビューとクローズアップを組み合わせてお使いいただけます。例えば廊下や道路が交差する広いエリアやビルの角に設置するといった使い方に最適です。” (アクシスコミュニケーションズAB、製品開発ディレクター、エリック・フランリドよりコメント)

「AXIS P3707-PE」は円を描くトラック上において、お好みの位置にポジション設定が可能な4つのカメラヘッドを搭載しています。それぞれのカメラヘッドは個別にチルト動作をして調整可能で、108°~54°の水平画角をワイドもしくはズームインのビューで提供します。カメラヘッドは回転させることにより縦型の映像ストリームを生成するアクシスのCorridor Formatをサポートし、縦に長いシーンに最適なカバレッジを提供します。特別にデザインされた滑らかな曲面のクリアカバーで、すべての方向に対し歪みのないビューが実現します。「AXIS P3707-PE」は個別に設定可能な映像ストリームをそれぞれのカメラヘッドに対してサポートしています。また4分割ビュー、毎秒12.5/15フレームレートで1080p解像度の映像、およびフルフレームレートで720p解像度の映像を提供します。

「AXIS P3707-PE」はひとつのIPアドレスで4つのカメラヘッドすべてにアクセスが可能です。すなわち、多くのビデオ管理システム(VMS)に対して、ひとつのライセンスで運用可能となります。さらにPoEおよび帯域幅とストレージ容量を低減するアクシスのZipstream テクノロジーをサポートしています。 

Axis Communicationsについて

アクシスは、インテリジェントなセキュリティソリューションを通じて、よりスマートで安全な環境の実現を目指しています。世界のネットワークビデオ市場をけん引するリーダーとして、アクシスはオープンプラットフォームを基盤とした革新的なネットワーク機器を次々と開発し、製品化しています。また、パートナーとのグローバルな連携体制を通じて、お客様に付加価値の高い製品をお届けします。アクシスでは、長年にわたってパートナーと協力関係を築いてきました。アクシスはこうしたパートナーに向け、蓄積された知見と、既存および新規市場における画期的なネットワーク製品を提供しています.
アクシスは全世界40ヶ国以上に2000人を超える熱意にあふれた従業員を擁し、179ヶ国の75,000以上のパートナーから成る連携体制に支えられています。スウェーデンに本社を置くアクシスは1984年に設立され、NASDAQ Stockholm (ティッカーシンボルAXIS)に株式上場しています。
より詳しい情報はwww.axis.comをご覧ください。