アクシス、ビデオ監視用、遠隔地からの<br/>呼びかけ音声に対応するネットワーク<br/>トランペットスピーカーを発表

東京, 2015年 04月 21日
This content is available in the following languages: Japanese

「AXIS C3003-E」ネットワークホーンスピーカーは、設置が容易な屋外対応のトランペットスピーカーです。ネットワークを通じて、離れた場所にいる相手に呼びかける明瞭な音声を提供します。ビデオ監視と一緒に使えば、「AXIS C3003-E」で人に呼びかけて不審な行動を阻止すべく利用できます。本製品は駐車場、建設現場、プラント・インフラ作業場、および公共の広場などの屋外におけるビデオ監視の強化に最適です。

「AXIS C3003-E」ネットワークホーンネットワークトランペットスピーカーは設置が容易で、ビデオ監視に遠隔地から呼びかける機能を提供します。
ネットワークビデオのグローバルリーダー、アクシスコミュニケーションズ株式会社 (本社:東京都新宿区、以下アクシス) は、初の遠隔利用が可能なオープンスタンダードなネットワークトランペットスピーカー「AXIS C3003-E」を発表します。本製品はネットワークが利用可能な環境であればどこからでもアナウンスができるようになります。設置はもちろん、ビデオ監視やIP電話システムへの統合も簡単です。

“「AXIS C3003-E」はIPネットワークにつながって多くの利点を提供する、まさにIoT(Internet of Things)機器と言えるでしょう。例として、IP電話番号をこのトランペットスピーカーに割り当て、その番号に電話をかければ、トランペットスピーカーから音声が聞こえるようになります。何もかも統合できます。”(アクシスコミュニケーションズAB、ニュービジネスディレクター、ペーター・リンドストロームよりコメント)

アクシスのネットワークビデオ製品群を補強すべく、「AXIS C3003-E」はビデオ監視業界のお客様と密に連携して開発されました。このトランペットスピーカーの利点には、設置費用の低減、容易な統合、そして確たる信頼性が含まれます。容易に遠隔から呼びかける機能をお客様の監視システムに追加し、犯罪や不審な行動を阻止すべく利用できます。

“お客様の敷地において不法侵入を知らせる映像分析のアラートが発報された際、ホーンスピーカーがあれば直ちに介入することができます。通常、不審者は検知されたと知らされた時点で逃走を図ります。よって、お客様は損害を最小限にくいとめ、さらに不要な出動も軽減させてコストを節約できます。”(セキュリタス社、ビジネスディベロップメントマネージャー、ラース・カンペ氏よりコメント。同社はスウェーデンに本社を置く警備会社。2015年3月現在、52ヶ国に展開し、31万名の従業員を擁する。1934年創業。)

「AXIS C3003-E」は信号伝送、デコーダ、アンプ、およびスピーカーがすべてワンユニットになった自己内蔵型のトランペットスピーカーです。多くのアナログスピーカーとは違い、別個のアンプやネットワークカメラにつなげる必要がありません。スタンドアローンユニットとして、「AXIS C3003-E」はどのような場所においても設置できます。柔軟で、拡張性があり、システムデザインにおいてコストパフォーマンスの高いアプローチが可能です。PoEに対応しているため、外部電源も不要です。「AXIS C3003-E」はネットワークケーブルひとつで給電され、ビデオ管理ソフトウェア(VMS)およびVoIP(Voice over IP)電話システムに直接接続できます。

本製品は高い音圧レベルで遠隔地からでも明瞭な音声を提供します。進化した信号処理技術を使い、高品質の音声を配信できます。革新的な機能のひとつに、独自の「オートスピーカーテスト」を搭載しています。これにより、システムに対してオーディオフィードバックを提供し、スピーカーが設定どおりに作動しているかを確認できます。

“セキュリタス社では現在に至るまでアナログのトランペットスピーカーを使用しておりました。アナログのトランペットスピーカーでは遠隔から動作を確認する方法が存在しなかったため、本当に正しく作動しているのかどうか常に不確実でした。「AXIS C3003-E」であれば遠隔からの死活監視や音質を確認することができます。また、PoEに対応しているので容易に設置でき、コストも削減できます。さらに、あらかじめ録音しておいたメッセージを使うこともできます。アクシスのトランペットスピーカーで、弊社の顧客向け提案内容が大いに向上します。”(同ラース・カンペ氏よりコメント)

「AXIS C3003-E」はアラームイベントに対して、事前に録音されたオーディオファイルを手動もしくは自動で再生できます。本製品は不審者の検知時や非常時に利用するメッセージなどを録音した音声ファイルが付属しています。また、ユーザーが独自の音声をアップロードすることもできます。

本製品は容易にVMSと統合できます。Aimetis社、Genetec社、Milstone System社、およびNICE Systems社より提供されているソフトウェアと互換性があります。今後発表される、小規模および中規模向けAXIS Camera Station バージョン4.20においても利用できます。SIP(Session Initiation Protocol)を利用するVoIP電話システムとの統合も可能で、携帯電話からでもトランペットスピーカーからアナウンスを行うことができます。ネットワーク製品である「AXIS C3003-E」は各々が独自のIPアドレスを持ち、ネットワーク監視システムにおいて個別のコンポーネントとして管理・運用することができます(原文:選択的にアドレスを振ることができます)。

Axis Communicationsについて

アクシスは、インテリジェントなセキュリティソリューションを通じて、よりスマートで安全な環境の実現を目指しています。世界のネットワークビデオ市場をけん引するリーダーとして、アクシスはオープンプラットフォームを基盤とした革新的なネットワーク機器を次々と開発し、製品化しています。また、パートナーとのグローバルな連携体制を通じて、お客様に付加価値の高い製品をお届けします。アクシスでは、長年にわたってパートナーと協力関係を築いてきました。アクシスはこうしたパートナーに向け、蓄積された知見と、既存および新規市場における画期的なネットワーク製品を提供しています.
アクシスは全世界40ヶ国以上に1900人を超える熱意にあふれた従業員を擁し、179ヶ国の75,000以上のパートナーから成る連携体制に支えられています。スウェーデンに本社を置くアクシスは1984年に設立され、NASDAQ Stockholm (ティッカーシンボルAXIS)に株式上場しています。
より詳しい情報はwww.axis.comをご覧ください。