長期サポート (LTS) により監視システムの安定性と安全性を確保

記事
02月 1日, 2019
監視カメラのファームウェアのアップデートは、システムを最新で安全に保つために不可欠なものです。しかし、アップグレードがシステムの安定性に影響を及ぼすのではないかという懸念から、更新に消極的なお客様が一部いらっしゃいます。しかしながら、ファームウェアのアップグレードを遅らせたり、あるいは無視したりすることは、非生産的な結果をもたらすことがあります。特に、ファームウェアアップデートがサイバーセキュリティ上の重要な改善をもたらす場合には、なおさらです。この問題に対処するため、アクシスではファームウェアを最新に保つための新たなアプローチとして、長期サポート (LTS: Long Term Support) を開始いたします。

ノートパソコンでも携帯電話でも、あるいは監視カメラであっても、あらゆるハードウェアには動作を行うためのファームウェアが必要です。そしてすべてのファームウェアは、時々アップデートされる必要があります。ファームウェアのメンテナンス不足がシステムにセキュリティ上のぜい弱性を生み出したり、ソフトウェアのバグの影響を受けたりする可能性については、かなり広く認知されています。しかし、お客様の中には、たとえ修正版が存在しても、ファームウェアのアップグレードを行わない方がいらっしゃいます。

アクシスのグローバルプロダクトマネージャーであるセバスチャン・フルティクヴィスト(Sebastian Hultiqvist)は、この点を次のように説明しています。「ファームウェアの定例アップグレードが実施されない理由として、データの損失、システムの安定性低下、重要なサードパーティ製ソフトウェアとの統合の喪失、ワークフローの中断などに対する懸念があります」

しかし、真の問題は、ファームウェアのメンテナンスがなされないことで、お客様のネットワークがより大きなリスクにさらされることにあります。セキュリティに関する場合は特に深刻であり、お客様の業務により大きな弊害をもたらすことになりかねません。

ファームウェアアップデートのための新たなアプローチ

ファームウェアの標準メンテナンスでは、アップグレードが定期的にリリースされ、それにはバグの修正やぜい弱性に対するパッチに加えて、カメラの機能アップデートが含まれています。もちろん、ファームウェアアップグレードは強制ではありません。しかし、効果的で安全なカメラの運用のため、常に推奨されています。

しかし、ある特定の機能が必要なためにシステムを購入したお客様が、新しい機能の利用をご希望になるとは限りません。特に、アップデート後にシステムのソフトウェアの統合性を維持するための追加作業が必要になる場合は、なおさらです。こういった理由により、ファームウェアのアップデートは無視されます。

この問題に対処するため、アクシスコミュニケーションズは新たに長期サポート (LTS) プログラムの提供を開始します。LTSは、カメラの機能には影響を及ぼさない、重要なバグの修正とぜい弱性に対するパッチを提供します。カメラのソフトウェアに対して事実上の「機能の凍結」を適用し、バグとぜい弱性のみに取り組んだファームウェアアップデートを作成することで、製品の保護を維持すると同時に、サードパーティ製ソフトウェアとの統合も維持します。一部のソフトウェアでは、類似した長期サポートがIT業界全体で常識化していますが、セキュリティ分野ではあまり例がありません。

LTSの二重のメリット

LTSの長所を活用される企業には、2つの主要なメリットがあります。1つ目は、バグの修正とぜい弱性用パッチによってシステムが安全に保たれているという確証であり、2つ目は、カメラの機能が変更されないためにシステムの整合性が確保される点です。

一方で、機能のアップグレードがバグの修正とぜい弱性に対するパッチに加えて含まれるファームウェアのアップデート「アクティブトラック」は、今後も継続されます。LTSファームウェアアップグレードの「トラック」は、定期的なアクティブトラックのリリースを基に、12か月から18か月毎にリリースされます。それに続くファームウェアLTSトラックのメジャー/マイナーアップグレードは、安定性の向上とぜい弱性に対するパッチのみに絞られます。

新しいLTSのトラックが提供開始され次第、お客様はそちらに切り替えることが可能です。それにより、ご希望に応じて新しい機能が使えるという選択肢が生まれます。その結果、お客様のアップグレードサイクルは、VMSソフトウェアのアップグレードやハードウェアの定期的な交換といった他のシステム変更と同期させることが可能になります。この場合は、いずれにしてもシステムの再検証が必要になります。

フルティクヴィストは次のように付け加えています。

お客様がファームウェアをアップグレードすべきかどうかの判断には、それぞれ固有の複雑な事情が絡んできます。そしてもちろん、ビジネスの継続性に対する懸念には妥当性があります。LTSは、そのようなお客様のニーズに応えるという、当社のコミットメントの表れなのです。

最新のアクティブトラックとLTSリリースについて、その選び方とダウンロード方法については。www.axis.com/support/firmwareをご覧ください。