アクシス、独自のPTRZ設置と優れた画質の固定ドームカメラを発表

東京, 2016年 07月 20日
This content is available in the following languages: Japanese

「AXIS Q36ネットワークカメラシリーズ」は1/2インチセンサーを搭載し、優れた画質と高性能な画像処理を提供します。当シリーズにおける独自のリモートパン/チルト/ロール/ズーム(PTRZ)機能は設置にかかる時間を大幅に減らし、のちに再設定する際にも効果的です。この新しい固定ドームは市外監視、交通、公共およびインフラ・プラントへの設置に最適です。

ネットワークビデオソリューションのグローバルリーダー、アクシスコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都新宿区、以下アクシス) は1/2インチセンサー、Lightfinder、およびワイドダイナミックレンジ(WDR)-フォレンジックキャプチャーを搭載し、厳しい光条件においても優れた画質を提供する「AXIS Q3615-VE」ならびに、「AXIS Q3617-VE」を発表します。当製品のPTRZ機能で効果的かつ信頼性の高い設置への要望に応えます。

“新しい「AXIS Q36シリーズ」では独自のリモートパン/チルト/ロール/ズーム(PTRZ)機能で、設置にかかる時間を大幅に削減します。また、周囲の状況の変化に応じてカメラを再設定する場合にもネットワーク上で設定作業が可能となるため、物理的に現地で再設定が必要となる場面を大幅に減らせます。新しいPTRZ機能、スマートな導管接続およびケーブルマネジメントで設置のプロセスを素早く、簡易に、しかも信頼性を持って可能としたのです。”(アクシスコミュニケーションズAB、グローバルプロダクトマネージャー、ぺトラ・ベナマークよりコメント)

当製品は電子動体ブレ補正、IK10等級の耐衝撃性能、防水・防塵、および衝撃検知を備え、厳しい環境における使用に適しています。

「AXIS Q3615-VE」はHDTV 1080p解像度で、WDR作動時に毎秒30フレーム、WDRを作動しない場合は毎秒60フレームまでの映像を提供します。「AXIS Q3617-VE」はQuad HD、もしくは4メガピクセルの解像度でWDR作動時に毎秒30フレーム、6メガピクセル解像度でWDRを作動しない場合は毎秒20フレームまでの映像を提供します。両モデルともアクシスのZipstream テクノロジーを搭載し、重要な映像の詳細を犠牲にすることなく帯域幅とストレージ使用量を平均で50%以上削減します。アクシスのLightfinder とダイナミックレンジ(WDR)-フォレンジックキャプチャーで暗い場所においてもカラー映像を提供するとともに、例えば日光が明暗差の大きな場所を同時に作るような厳しい光条件においても鮮明な映像を提供します。

「AXIS Q36シリーズ」はAxis Application Development Partner Program(ADP)に参画するパートナーが提供する、多数のビデオ管理ソフトウェアにも対応するとともに、Axis純正のビデオ管理ソフトウェアである「AXIS Camera Station」にも対応しています。さらにAXIS Camera Application Platform(ACAP) およびONVIFに対応し、アプリケーション開発者がインテリジェント機能を持つカメラを提供したり、容易なカメラシステムの統合を行うことを実現します。


Axis Communicationsについて

アクシスは、インテリジェントなセキュリティソリューションを通じて、よりスマートで安全な環境の実現を目指しています。世界のネットワークビデオ市場をけん引するリーダーとして、アクシスはオープンプラットフォームを基盤とした革新的なネットワーク機器を次々と開発し、製品化しています。また、パートナーとのグローバルな連携体制を通じて、お客様に付加価値の高い製品をお届けします。アクシスでは、長年にわたってパートナーと協力関係を築いてきました。アクシスはこうしたパートナーに向け、蓄積された知見と、既存および新規市場における画期的なネットワーク製品を提供しています.
アクシスは全世界40ヶ国以上に2000人を超える熱意にあふれた従業員を擁し、179ヶ国の75,000以上のパートナーから成る連携体制に支えられています。スウェーデンに本社を置くアクシスは1984年に設立され、NASDAQ Stockholm (ティッカーシンボルAXIS)に株式上場しています。
より詳しい情報はwww.axis.comをご覧ください。