アクシス、初の4K解像度PTZドームカメラを発表

東京, 2015年 12月 10日
This content is available in the following languages: Japanese

最高のパフォーマンスを求めて設計された「AXIS Q6128-E」は、HDTV 1080pの4倍となる極めて高画質な解像度を提供する、受賞歴を持つ優れたデザインのカメラです。屋内外を問わずに利用できるコンパクトな形状で、パン・チルト範囲のすべての方向においてシーンの再現性とシャープな映像を提供します。

新しい「AXIS Q6128-E」カメラは。屋内外を問わずに設置可能で、厳しい光環境および撮影条件おいても4K解像度で極めて高画質な映像を提供します。
ネットワークビデオソリューションのグローバルリーダー、アクシスコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都新宿区、以下アクシス) は、パン・チルト・ズームのPTZカメラ「AXIS Q61シリーズ」を拡充する新モデル「AXIS Q6128-E」を発表します。当製品は屋内外を問わずに設置可能で、厳しい光環境および撮影条件おいても4K解像度で極めて高画質な映像を提供します。そのため、ショッピングモール、屋外のパーキングエリア、競技場、市街地、敷地の監視など、幅広い用途に最適です。

AXIS Q6128-Eは、アクシスのSharpdomeテクノロジーを搭載し、カメラを設置した水平ラインから仰角20°までの広いエリアをカバーすると共に、ズームイン時にも優れた詳細を提供する光学機能を搭載しています。既存モデルの「AXIS Q61シリーズ」と同様に電子動体ブレ補正もサポートしています。

“「AXIS Q61シリーズ」のPTZドームカメラはその革新的なデザインとハイエンドな技術的機構で大いに成功を収めることができました。今回発表の新製品は、4K解像度の利点を追加するものとなります。高解像度のPTZカメラに対して、市場からの要望があるのは明確です。オープンスペース、交差点、広場などを含む利用シーンにおけるすべてのシナリオを捉え、極めて鮮明な詳細を提供することが重要であるといえます。” (アクシスコミュニケーションズAB、製品開発ディレクター、エリック・フランリドよりコメント)。

簡易かつ信頼性の高い設置機構で、「AXIS Q6128-E」は-50°C から 50°Cまでの温度環境で確実に作動し、内蔵スピードドライ機能により雨天においても精細な映像を提供します。さらに、霧状の映像を見やすいように処理する自動デフォッグ機能を備えています。

動体検知やアドバンストゲートキーパーを含む内蔵の映像分析機能で、特定のエリアにおける対象を検知し、ズームインさせることができます。また、オープンなアプリケーションプログラミングインターフェースでサードパーティ製のインテリジェントビデオアプリケーションに対応する優れた能力を備えています。

AXIS Q6128-E の主な特長


  • 最大4K (8Mピクセル)解像度で25/30フレームレート

  • オートフォーカスを備えた12倍光学ズーム

  • 毎秒700度以上回転して素早い動きの被写体を捉える、高速で動く正確なパン動作。

  • 歪みのない映像を実現する透明なドームカバー。

  • 塵、強力な噴流水、雨、雪、および日光から製品内部を保護する筐体。

  • 耐衝撃性能(IK08等級)。

  • いたずらや破壊行為を防止する自動アラームを搭載した衝撃検知。

  • 極寒温度管理機能



Axis Communicationsについて

アクシスは、インテリジェントなセキュリティソリューションを通じて、よりスマートで安全な環境の実現を目指しています。世界のネットワークビデオ市場をけん引するリーダーとして、アクシスはオープンプラットフォームを基盤とした革新的なネットワーク機器を次々と開発し、製品化しています。また、パートナーとのグローバルな連携体制を通じて、お客様に付加価値の高い製品をお届けします。アクシスでは、長年にわたってパートナーと協力関係を築いてきました。アクシスはこうしたパートナーに向け、蓄積された知見と、既存および新規市場における画期的なネットワーク製品を提供しています.
アクシスは全世界40ヶ国以上に2000人を超える熱意にあふれた従業員を擁し、179ヶ国の75,000以上のパートナーから成る連携体制に支えられています。スウェーデンに本社を置くアクシスは1984年に設立され、NASDAQ Stockholm (ティッカーシンボルAXIS)に株式上場しています。
より詳しい情報はwww.axis.comをご覧ください。