アクシス創業者マーティン・グレン、「防犯・防災産業における世界で最も影響力のある人物」に選ばれる

東京, 2013年 02月 14日
This content is available in the following languages: Japanese

アクシスコミュニケーションズ(Axis Communications、本社スウェーデン・ルンド市、以下アクシス)の創業者であり、現在も同社の役員でもあるマーティン・グレン(Martin Gren)は、IFSEC※1 グローバルランキングにより、「防犯・防災産業における世界で最も影響力のある人物」の第1位に選ばれました。

「防犯・防災産業において世界で一番影響力ある人物に選んでいただいたことは、大変名誉なことであり、とてもうれしく思います。」
アクシスの創業者の一人であり、現在も役員として、また第一線の技術者として活躍しているマーティン・グレンは、今回のIFSECグローバルランキングを真摯に受け止めつつも、喜びを隠せない様子でした。

アクシスは1996年に世界初のネットワークカメラを発売しました。今日アクシスはネットワークビデオ業界のリーダーであり、ビデオ監視においてアナログからデジタルへ移行する流れの推進力としてさらに存在感を増しています。

ONVIF※2 議長兼アクシスのビジネス開発戦略総責任者(Director of Strategic Business Development)のペール・ビョルクダール(Per Björkdahl)は、同ランキングの第3位に選ばれました。アクシス創業メンバーであり、現在はCNLソフトウェア社にてCEOの役職についているキース・ブラッドワース(Keith Bloodworth)は、第6位に選ばれました。





IFSECグローバルランキング記事(英文)
http://www.ifsecglobal.com/author.asp?section_id=414&doc_id=558743&page_number=2

※1
IFSEC: International Fire and Security Exhibition and Conference
40年の歴史を持つ、国際的な防犯・防災産業の展示会


※2
ONVIF: Open Network Video Interface Forum
アクシスコミュニケーションズAB. 、ロバート ボッシュGmbH、およびソニー株式会社が創立した、ネットワークカメラ製品のインターフェースの規格標準化フォーラム

■アクシスコミュニケーションズ株式会社について

Axisはプロフェッショナルなネットワークビデオソリューションを提供するIT企業です。グローバルなネットワークビデオ市場を牽引するリーダーとして、アナログからデジタルビデオ監視への移行を推進しています。Axisの製品とソリューションは主にセキュリティ監視とリモートモニタリングに焦点を絞り、革新的でオープンなテクノロジープラットフォームを基盤としています。
Axisは、スウェーデンに本社を置き、世界の40ヶ国以上の拠点で1000名以上のスタッフが従事し、179ヶ国以上の販売パートナーと協力関係を築いています。Axisは、1984年に設立され、NASDAQ OMX Stockholm(ティッカーシンボルAXIS)に株式上場しています。より詳しい情報は、http://www.axis.com/をご覧ください。