アクシスコミュニケーションズ、<br>主力の固定ネットワークカメラ<br>「AXIS P13シリーズ」の新モデルを発売

東京, 2012年 12月 26日
This content is available in the following languages: Japanese

低照度環境に強く、より高画質で、あらゆる用途に適したネットワークカメラ

AXIS P1354およびAXIS P1353の外観写真
ネットワークカメラのリーディングカンパニー、アクシスコミュニケーションズ株式会社 (本社:東京都新宿区、代表:クリス・チャン、以下アクシス) は、固定ネットワークカメラ「AXIS P13シリーズ」(以下、AXIS P13シリーズ)の新モデルとして、低照度環境に強く、さらなる高画質を実現した4製品を発売します。AXIS P13シリーズは、アクシスの主力の固定ネットワークカメラとして、市街地、店舗、学校、銀行、工場など世界中で幅広く採用され、多くのエンドユーザーから高い評価を得ています。今回の新モデル発売によって、映像監視システムの応用範囲がさらに広がることが期待されます。

今回発売されるモデルは、HDTV 720p解像度を提供する「AXIS P1354」と、SVGA解像度の「AXIS P1353」そして、屋外向けハウジングに収納された「AXIS P1354-E」、「AXIS P1353-E」の4種類です。いずれのモデルも、アクシスが独自開発した「Lightfinderテクノロジー」を搭載し、0.1ルクスという月明かり程度の環境においても鮮明なカラー映像を撮影可能です。また、撮像素子(イメージセンサー)と画像プロセッサーの改良によって、通常環境の撮影においても配信映像の帯域占有を抑えつつ、さらなる高画質を実現しています。さらに、アクシスのネットワークビデオ製品に広く搭載されている、映像分析モジュール用プラットフォーム「AXIS Camera Application Platform」にも対応しており、人数計測やヒートマップ、侵入検知などのサードパーティー製アプリケーションをカメラにインストールして、映像を用いたインテリジェントシステムを構築することができます。

AXIS P13シリーズ各新モデルの主な特長
・「Lightfinderテクノロジー」を搭載し、カラー0.1ルクス、白黒0.02ルクスの最低照度を実現
・撮像素子と画像プロセッサーを改良し、帯域占有を抑制しつつ、さらなる高画質化を実現
・microSD/SDHC/SDXCスロットを搭載。最大64GBのSDカードを装着可能
・H.264およびMotion JPEGによる映像圧縮
・Power over EthernetまたはDC電源による給電に対応
・映像分析モジュール用プラットフォーム「AXIS Camera Application Platform」に対応
・IP66およびNEMA 4Xの防水・防塵性能(AXIS P1353-E、AXIS P1354-Eの2モデル)

今回発売される各製品の価格及び出荷開始時期は、下記の通りです。
AXIS P1353固定ネットワークカメラ / 98,000円 / 2013年1月11日
AXIS P1353-E固定ネットワークカメラ / 133,000円 / 2013年1月11日
AXIS P1354固定ネットワークカメラ / 112,000円 / 2013年1月11日
AXIS P1354-E固定ネットワークカメラ / 147,000円 / 2013年1月11日

アクシスコミュニケーションズ株式会社について

Axisはプロフェッショナルなネットワークビデオソリューションを提供するIT企業です。グローバルなネットワークビデオ市場を牽引するリーダーとして、アナログからデジタルビデオ監視への移行を推進しています。Axisの製品とソリューションは主にセキュリティ監視とリモートモニタリングに焦点を絞り、革新的でオープンなテクノロジープラットフォームを基盤としています。
Axisは、スウェーデンに本社を置き、世界の40ヶ国以上の拠点で1000名以上のスタッフが従事し、179ヶ国以上の販売パートナーと協力関係を築いています。Axisは、1984年に設立され、NASDAQ OMX Nordic(ティッカーシンボルAXIS)に株式上場しています。より詳しい情報は、http://www.axis.com/をご覧ください。