AXIS Design Tool

AXIS Design Toolを使用してシステムを計画する

AXIS Design Toolは、監視プロジェクトで必要な帯域幅およびストレージを計算するために役立ちます。 プロジェクトで使用する各カメラでシナリオを選択し、表示、記録および圧縮のオプションを選択することにより監視状況に適した帯域幅とストレージを推定で きます。

新しいAXIS Design Toolバージョン2では、オリジナルツールの全機能の他、次のような新しい機能も提供しています。

  • プロジェクトデザインを他者と共有する
  • 複数のプロジェクトを作成する
  • オフライン作業

システム必要条件
AXIS Design Toolバージョン2は、次のブラウザーで使用するために設計されています。
MS Internet Explorer 8以降、Google Chrome、Apple Safari 4以降、Mozilla Firefox 3.5以降。

* WindowsでInternet Explorerをご使用の場合は、アクティブコンテンツを実行するために、警告のメッセージを受け入れることが必要な場合があります。

注意:

  • AXIS Design Toolバージョン1は廃止されています。 サポートは提供されていません。
  • Axisビデオエンコーダーでは、ビデオシーケンスはMotion-JPEG、H.264およびMPEG-4でキャプチャーされます。 AXIS Design Toolに保存されているファイル例では、最大限のブラウザーサポートを達成するためにMPEG-4フォーマットにコード変換されています。 コード変換により、画質とファイルサイズに少し影響が出ます。 ライブビデオのファイルサイズではなく、算出されたファイルサイズを使用してください。

 

 

免責事項: ソフトウェアは、一切の保証無しで「現状のまま」提供されています。 ソフトウェアの結果と性能についてのすべてのリスクは、お客様/ユーザーの責任事項とします。 Axis Communications AB は、ソフトウェアに関して、明示的または黙示的を問わず、商品性、特定目的に対する適合性、タイトル、非侵害性、および製造物責任に関する保証、またはい かなる提案、仕様、もしくは実例から生じる保証を含むがこれらに限定されない、すべての保証を放棄します。 Axis またはライセンサーは、ソフトウェアの提供、使用もしくは処分について、データの損害、製造の損害、利益の損害、使用の損害、契約の損害、またはその他い かなる結果的、経済的、もしくは間接的損害に対し、責任を負いません。 ソフトウェアの提供および使用に準じた何らの請求に対するAxisの合計責務は、ソフトウェアに対して支払われた価格を超えません。