4K Ultra HD

HDTVはここ数年、非常に大きな成功を収めています。CRTベースのテレビセットからLCDおよびプラズマ画面をベースにしたテレビへの家電市場の変遷が大きく関係してます。 4K Ultra HDは、消費者市場の映像監視の分野で採用されるようになっており、優れた詳細な画質を実現しています。

4K Ultra HDは標準のHDTV 1080p解像度よりも最大4倍高い解像度を提供します。 4K Ultra HDは16:9フォーマットを使用しています。 SMPTE (Society of Motion Picture and Television Engineers - 米国映画テレビ技術者協会) によって、SMPTE ST 2036-1UHDTVという最も重要な規格が定義されています。

  • SMPTE ST 2036-1UHDTVはプログレッシブスキャンを使用し、3840x2160ピクセルの解像度の映像を優れた色再現性とともに16:9フォーマットで表示する規格です。プログレッシブスキャンの25/30 Hzは毎秒25/30フレーム/秒に相当します。国によっては50/60 Hz (50/60フレーム/秒) が使用されます。

カメラがSMPTE規格に準拠している場合、4K Ultra HD品質および4K Ultra HDの利点である解像度、色再現性、フレームレートの条件をすべて満たしています。

4K Ultra HDはコンピューター画面と同じように正方形のピクセルをベースにしているため、ネットワークビデオ製品からの4K Ultra HDビデオは、HDTV画面でも、標準的なコンピューターモニターでも問題なく表示することができます。 プログレッシブスキャンによる4K Ultra HDビデオの場合、ビデオをコンピューターで処理したり、コンピューター画面で表示したりするとき、変換やデインターレース技術を適用する必要がありません。

HDTV (高精細度テレビ) と映像監視