水処理施設

水処理施設の費用対効果に優れた保護

水処理施設を侵入者から保護する際に課題となるのは、多くの場合こういった施設が存在するその遠く離れたロケーションと、広範囲に及ぶ監視エリアです。境界線の保護に加え、操作ポイント、貯水池、上下水システム、ステーションなどの監視が必要です。高品質なビデオ、熱感知画像、音声およびデータシステムを使用したアクシスのテクノロジーにより、以下の利点に基づき施設の安全性を向上することができます。

  • 複雑な照明条件下で卓越した画質を提供。
    アクシスなら、アラームが発せられたエリアにパン/チルト/ズームすることのできる高速PTZカメラにより、重要ポイントへの侵入者を検知し、侵入を阻止することが可能です。また、不鮮明な画像を鮮明で識別可能な画像に変換するアクシスのLightfinderにより、暗闇や霧、またはその他の厳しい天候条件下でも作動します。 
     
  • 水処理工程すべての監視が可能。
    アクシスのビデオ監視ソリューションを水処理施設で使用することにより、工程全体を監視し、工程の流れまたは処理を終了した水における逸脱を確認し、問題が発生する前に対応することが可能です。

We have seen that human security presents difficulties, as a guard generally works alone, in a remote location, and that does not guarantee security - neither his own, nor that of the property. We’re talking about units with difficult access in remote locations, where risks really do exist.

Cristiano Carvalho, CAESB manager of security