食品の安全

農場から食卓までの食品の安全

食品の品質と安全に対する消費者の認識が高まるにつれて、農場から食卓まで、食品システムのすべての部門における安全性の向上について、企業への期待が高まっています。

食品サプライチェーンの誠実性を損なわせるような活動を阻止し、それらに対する保護および対応が可能なシステムを配備していれば、管理下の食品が意図的な汚染に曝されるリスクを最小限に抑えて、深刻な経済的損害や風評被害を防ぐことができます。

  • スマートで信頼性の高い映像監視
    インテリジェントな映像監視で、食品に対する意図的な異物混入を積極的に防止および抑止します。 あらゆる天候条件および光条件下で即座に視覚的な確認を行うことができるシステムで、生産から保管および輸送までの複雑な工程を守ります。

  • リアルタイムの突発事象の検知で迅速かつ正確な処置を実現
    本当の危険と誤報を効果的に区別できる映像システムを使ったリアルタイム分析および生産ライン上での汚染監視の利点は、汚染された製品を直ちに検知して確保できることです。 

  • 柔軟で拡張性に優れたシステム
    プライバシー保護法に準拠し、どのような照明条件でも一体的な操作が可能なカメラおよび他のシステムとの統合を容易にするソリューションで、周辺環境から重要エリアまでの食品の品質と安全性を守ります。